2018.12.08 Saturday

ST連合東日本訓練競技会<グーCD2>

0
    ビックリ1席の本部展から約1か月、今シーズン2回目にして今年最後の訓練競技会に出陳してきました。
    それにしても訓練競技会、減ったね。
    そして、賑わいが年々無くなって行く…アジリティーの大会はとても盛り上がっているそうなので、主催者側ももっと工夫して欲しいなぁ〜って思います。
     
    1席獲ったと言っても、グーとわたしに確固とした実力が備わっているとは全く思っていないし、まだまだ発展途上であると思っているので、この1か月もしっかり練習積みました。
    この前の競技でジャッジに指摘された1か所も、先生にアドバイスいただいて工夫して練習。
    グーも理解してくれて、とっても良くなった!
    体調もいいし、気力も充実しているように見えるグー、さぁ〜がんばろ!
     
    出陳順も5番目で、イイ感じ!
    でも、最初でも最後でも何番目でも前の犬がオシッコしちゃっても、しっかり頑張れる自信が、今のグーとわたしにはあります。

     
    ちょっとだけ、アップが思い通りにできませんでした。
    先生がベタ付きで見ていてくださったのに…ここが、わたしのウィークポイント。
    だけどグーはしっかりと集中して、ノーミス。
    ジャッジの先生にもとっても褒めていただきました。
    「ビーグルで、素晴らしく頑張っていますね」
     
    ビーグルで、ってのがちょいと気になりますが(笑)
    でも、素直な感想なんだろうな〜って思い直しました。
     
    結果は4席。
    ちょっと残念でしたが、アップが物足りなく、リンクでもややキレに欠けた作業になってしまったので、納得です。
    表彰台の上は、0.1点の差…
    どんなコンディションでも、最低限台には乗れるようにしないと。
    グーは、「さぁ、早く台に乗ろうぜ〜〜〜」って、乗る気まんまんだし(笑)
    今回も表彰台は、犬種バラエティーに富んでいて、イイ感じ!
    2019年最初の競技会は、2月かな。
    今までと変わらず、反省を踏まえてしっかり練習して、グーの体調管理もがんばって、臨みます。
     
    …ところで
    同伴したルル(1歳3か月)なんですが
    こういった場所に慣れるにしたがって、「遊ぶっ!遊ぶっ!」アピールがハンパなく、いわゆる「大騒ぎ」
    ビビっちゃうのも悩むんですが、こうイケイケで手ぇつけられないってのは…
    こちらも頑張ります。

    JUGEMテーマ:ビーグル

    2018.11.04 Sunday

    JKC2018秋季訓練競技大会<グー3部決定戦>

    0
      組戦の結果発表は例によってとても時間がかかるので…
      朝早く起きてロングドライブ、緊張の競技だったわたしとグーは車内で爆睡でした。
      先生に電話で「グー1席!支度して書くもの持って犬連れてきて。」と言われ、?????何が何やら…
      それでも飛び起きて、ボールペン持って、グー連れてリンク脇へ。
       
      3部の決定戦の前に、4部・5部・6部の決定戦があるので、少し時間はありそう。
      3部の中でもグーは最後のE組なので、大トリ(笑)
      先生がスマホを見せてくださって、画面に映し出された決定戦の5課目を確認します。
      1:停座及び招呼
      2:行進中の停座
      3:行進中の伏臥及び招呼
      4:立止
      5:紐付き脚側行進
       
      いつも上席で決定戦に出ている仔たちは、きっと練習しているのだろうけれど、
      ビックリの1席のグーは、最近全く練習していない課目もあるし、もちろん普段練習している順番とは大きく異なり、バラバラ。
      でも、いつもの集中が確保できれば、きっとできる。
      4部・5部・6部の決定戦ではお友達のルーチェくん(アメコカ)が頑張っている様子が見えました。
      グーも頑張らなきゃ。
      先生がしっかり指導してくださったので、ウォーミングアップもグー的にはルンルン♬な感じ。
      さーやるぞ!
      たくさんのギャラリーに見ていただけて、ボーダーコリーでもない、シェパードでもない、レトリーバーでもない、ビーグルが決定戦に出る、夢みたいに嬉しかったです。
      たくさんのギャラリーが居ようが、ジャッジがふたりだろうが、まったく動じないグー。
      強い強いその気性で苦労させられましたが、その強さが活かされた決定戦でした。
      最初の課目の招呼。
      いつの日からかすっかり走らなくなってしまったグーを、コツコツ、ていねいに気持ちから作り直しました。
      若い頃のような弾丸ダッシュが復活。
      決定戦でも、ハイッ!とダッシュしてきてくれて、嬉しかった。
      1つ失敗しました。
      出来ると思ってたけれど、残念でした。
      終始シッポフリフリ、自信満々。
      グーの、ビーグルの、良いところ(珍しさもあるかな〜)は、披露で来たのではないかと思います。
      素晴らしい時間でした。
      ありがとうございました。

      JUGEMテーマ:ビーグル

      2018.11.04 Sunday

      JKC2018秋季訓練競技大会<グーCD2>ビーグルで1席!

      0
        半年ぶりの訓練競技会、しょっぱなは、秋の本部展です。
        暑かった暑かった今年の夏、練習量を確保するのは本当に難しかった。
        1歳児(ルル)と10歳児(グー)の2頭なので、体力・スタミナに差があり、ほんとうにほんとうに難しかった。
        それでも、最大限の努力をしたつもり。
        練習することは、2頭をしっかり楽しませてあげることでもあるので、頑張りました。わたしは、フラフラ(笑)
         
        グーは、課目の細かい細かい修正をして、競技全体の底上げを目指しました。
        練習方法もさまざまに工夫して、最初はまったく意に介さなかったグーがこちらの意図を理解し、意欲的に変わっていく様子はとても嬉しく、教えていて楽しい夏でもありました。
         
        重点的に取り組んだのは「脚側停座」、「その場の立止」と「行進中の伏臥」でした。
        まだまだ、修正のさ中でしたが、競技会本番では練習の成果が出ていたので、とても嬉しかった。
        そして、驚くことに組戦ではじめての1席をいただきました!
        本部展での1席は、夢でした。
        でもそれは、正直かなり儚い夢で、現実とはかけ離れていました。
         
        今現在のグーとわたしの、最高の競技をするために毎日練習しています。
        それが出来れば満足で、それができれば先生は褒めてくださいます。
        だけど、他の仔との相対評価となると、やっぱり、向いている犬種さんには敵わない、そう思っていました。
        ジャッジの講評
        「犬は犬の仕事、指導手は指導手の仕事、それぞれがちゃんと出来ています」
        なんだか、難しかったけれど、たぶん、褒めていただけてるんだ〜と思い、嬉しかったです。
        4年前の同じ11月の秋の本部展で、4席でした。
        そのときトレーナーに言われた「限界だな」
        そうなのかな…って思ったわたし。
        ブログにも「 今出来る最大限のパフォーマンスだと、胸を張って言えます 」と、記してる。アホかいな…
        だって、限界なんかじゃなかった。
         
        4年後の今のグーとの競技は、本当に素晴らしく、楽しく、グーが大好きで、きっと、グーもわたしが好きだと思います。
        一生忘れない競技ができて、幸せです。
        グー、ずっと付き合って頑張ってくれてありがとう。
        2018年11月4日 JKC秋季本部訓練競技会 グーCD2 98.5点/1席/25頭
        4年前


         

         

         



        JUGEMテーマ:ビーグル

        2018.06.03 Sunday

        10歳のグー、今が成長期

        0

          最近の2頭引きのお散歩、10歳のグーがとてもとても頑張ってくれているので聞いてくださーい!


          グーは今も昔も犬が苦手で、出会えば激しく吠え、近づかれれば攻撃する仔でした。
          躾を習い訓練に発展しわたしにとって困るこういった行動も少しづつ抑制できるようになりました。
          ただ、グー自身の心の成長によってこれらの行動が消えてきたのは2年少し前、8歳頃です。

          そのとき記したブログ。

           

          そして10か月前に母ルーを失い、血縁の無い妹犬ルルが来て、ここ最近のグーがぐうんと精神的に成長しました。
          今9か月半のルルは、グーとは違い犬が好きで遊びたくて、散歩中犬を認めると大騒ぎ、2足歩行せんばかりの勢いです。
          それではお散歩にならないので、我慢を教えていますが、グーの行動にビックリなのです。
          向こうから犬が来ると興奮するルルの前にさえぎるように立ちます。
          そしてゆったりと座るか、目の前の地面の匂いを嗅ぐかして、リラックスした様子をルルに見せるんです。
          相手の犬が過ぎ去れば、ご褒美のオヤツを要求。
          こうすれば褒めてもらえるんだぜーと、ルルに教えているんだと思います。

          こんなお散歩をするようになって1か月ほど、ルルの興奮もだいぶおさまってきました!
          ルルと同年代のお知り合いに会えば、許可してご挨拶させますが、その間グーは、ちょっと離れてその様子を見守ることも出来るようになりました。
          実は、最初はグーがルルを守ろうとして興奮してしまっていたんです。

          多くの犬ができることができなかったグー。
          わたしはそれをなんとかしようと悪戦苦闘してきましたが、グー自身はちゃんと成長し、年下の仔を導くこともできるようになりました。

          犬たちにいちばん教えられているのは、わたし自身かもしれません。

           

          JUGEMテーマ:ビーグル

           

           

          2018.04.29 Sunday

          JKC2018春季訓練競技大会<グーCD2>その3

          0
            途切れ途切れブログ、読みづらくって<(_ _)>
            競技終わって、裏手で復習練習して、暑いので水だけ飲ませ、タープに戻ってクレートにIN。
            ご飯は、競技会でもいつもの時間に与えることにしているので、会場に着いてすぐに食べ終わっているのですが、おやつをもらえると期待しているグーに、おやつはあげませんでした。
             
            今思えば、ごめんなさい。
            おやつ、いっぱいあげるべきでした。
             
            お昼休み、先生にビデオを見ていただきました。
            先生のフィードバックは、とても早いのです。
            以前習っていたトレーナーは、競技のビデオを自ら撮影して、編集して、それから送信されてくるので、早くて2週間、催促しても貰えなくて、競技の様子を確認できないこともありました。
            わたしの手元にはグーとルーの競技のビデオは全ては揃っていないのです。
            なので、友人に頼んで別途撮影してもらうようになったのでしたっけ…
            ビデオを見ていた先生、
            「これは、手抜きじゃないですね」
            ええっ!!!!!なんて????
            椅子から転げ落ちそうにビックリしたわたし。
            遅れの原因は分からないけれど、グーは全体を通して一生懸命真面目にやっている。
            練習の成果は全て発揮できている。
            失敗しているところは、飼い主さんの気持ちと動きがおかしいので、不安になってしまっているようにみえる。
             
            指摘されたのは、わたしの悪い癖になってしまっている動き。グーが嫌う動きです。
            さんざん練習して、やらないようにやらないようにしていたのに、その動きを頻発しているわたし。
            グーが手抜きしたことに失望して、やるべきことが全くできていませんでした。
            それなのに、頑張っているグー!
            なんてことをしてしまったんだろ…
             
            …言い訳をすれば、脚側行進のときはわたしはグーの目元から鼻筋あたりしか見えていないので、視界からグーが消えて、遅れているという事実しか分からない。
            先生もお友達も、ハンドラーだからこそ気付けないこと、と慰めてくださいましたが…それにしても情けない。
             
            慌てておやつをあげて、ちょっと脚側やって褒めて、ボールを出して遊んであげました。
            もう、遅いよね。
            おやつをガツガツ食べたグーは、急にはしゃいだ様子のわたしに不思議そうな顔してました。
            だけど、いつも通り元気に遊べました。
            グーは手を抜いてなんかいませんでした。
            なぜか機嫌が悪くて、グーをジャマする動きをする飼い主を不思議に思いながらも、全部の課目をやりきってくれたんだ…
            ごめんなさい。

             
            ------------------
            翌日は、先生のレッスンでした。
            タブレットを持って行って、ビデオを見なおしてみると…
            遅れた箇所で一瞬ブレーキをかけて、わたしを覗きこむようにしているグー、そして急いで遅れを取り戻すために走っています。
            その時思い出したのは、競技会前日の土曜日、同じ箇所を修正していました。
            それを覚えていて、動いていたんだ…
             
            練習と本番との違いがないように、気を配って練習しています。
            自主練も、レッスンも、練習リンクも、競技会も、みんな同じ。いつでも頑張る。
            グーが、前日の練習を覚えていて、気を付けて動いていたとしたら、それはとても嬉しいこと。
            グーが元の手抜きの仔に戻ってしまった、という悲しさは一転、ああ、成長してくれたなぁ!という喜びの感情に変わりました。
            なんだか、ダラダラと長く書きました。ちゃんと記録しておきたかったので…
            訓練競技やって良かった、諦めないで良かった、続けていて良かった。
            グーの心の変化と成長が良く分かるから。
            あらためてそう思いました。
             
            今回の競技を受けて、これからどんな練習をしたら良いか、先生にアドバイスもいただき、また意欲がわいてきました。
            年齢と経験を重ねたグーの良いところをもっともっと表現してあげたい。
            グーが、楽しい!やる!と思えるような練習を重ねていきたい。
            勝つこと、表彰台に上がることはもちろん目標だけれど、今回も深く記憶に残る競技会になりました。

             
            <申告してスタート位置に向かうときもちゃんと集中してる>

            <チンタラだった招呼もダッシュで>


            <褒めているんだけど、お互い顔が笑ってない>



            <ずっとこの表情をキープしてあげたかった。ごめんね>

            JUGEMテーマ:ビーグル

            2018.04.29 Sunday

            JKC2018春季訓練競技大会<グーCD2>その2

            0

              さて競技です。

              グーの出陳順は18番目/27頭。時間は10時半くらいでした。
              ジリジリと照り付ける太陽、そうだなー28℃くらいな感じでした。
              体高の低い犬には楽ではない条件だけれど、湿度は低いし、もっともっと暑い気温で練習もしてる。
              不安はありませんでした。
               
              いつも、ウォーミングアップで出来栄えが決まると思っています。

               
              2課目めの、紐無し脚側行進の復路、グーの頭が視界からスッと消えました。遅れてる。
              とっさに、「手ぇ抜いてるな!!!」と判断しました。付いて行くことを放棄して、ちんたらの脚側行進、先生を替わる前競技本番で何度やったことか。
              その数秒で、わたしは点数を積むことを捨てて、グーと向きあう時間にしようと判断したのだと思う(今思えば…)。
              遅れているグーに歩速を合わせることは断固としてせず、いつもの歩速で進みました。
              すると、グー、あっと言う間に追いついて来ました。
              終わりの停座も練習した通り、綺麗に決まりました。
               
              いつもだったら、ここで「すごいね!」と褒めるところですが、わたしはグーとわたしだけに分かるサインで、「何やってるの!」と注意しました。
               
              その後の8つの課目のうち、失敗を3つ。
              練習でもしたことのない、失敗でした。
              失敗するたびに例のサインで「何やってるのっ!!!」
               
              手抜きをし続けたグーに感情が抑えられないわたし。
              重点的に練習していたところは、上手に成功させたのでそこは、褒めましたが、ビデオを見ると顔が笑っていない。
              終了してリンクアウトしても、褒めず遊ばずおやつもあげず。
               
              裏手に引っ張って行って、失敗したところをやり直し。そこで出来たら褒めて遊んであげるべきなんでしょうが、出来ているけど、褒める気になれず。
              「グーは、以前の手抜きグーに戻ってしまった」
              ものすごく悲しい気持ちにとらわれて、それ以上の判断ができませんでした。
              まだ続く〜(スミマセン〜)

              JUGEMテーマ:ビーグル

              2018.04.29 Sunday

              JKC2018春季訓練競技大会<グーCD2>その1

              0
                春秋年2回開催される本部展、秋の競技会は台風の影響で中止、降雪で棄権した競技会もあって、飼い主的にはちょっと不完全燃焼だった今シーズン。
                 
                けれど訓練士会の練習リンクには必ず行き、濃い練習ができたし、グーにとっては練習リンクも競技会としてカウントされているので、実りあるシーズンでもありました。
                 
                練習でも
                本番でも
                練習リンクでも
                「手を抜かない」
                6年かけて教えてしまった「本番では手抜きしてヨシ」
                それを、3年かけて教え直した。
                 
                「手抜きしない」が出来ているからこそ、競技で点数を積むための細かい修正ができる。
                本部展直前で取り組んだ課題は、それこそ決定戦に臨むことを前提としたもので…
                そんな練習ができることに感謝しました。
                感謝しているからなおさら。

                グーとの遊びにも思いっきり熱が入り(笑)
                楽しくて楽しくてたまらない〜〜
                ああ、頑張ってきて、諦めないで、良かったー!
                先生ありがとうー!
                そんな日々でした☆
                続く。
                 

                JUGEMテーマ:ビーグル

                2018.03.18 Sunday

                東京ブロック訓練競技会<グーCD2>

                1

                このシーズンは天候の影響で競技会がお流れになったり、エントリーを取り消したりといろいろありました。

                その間はとにかくコツコツ練習…11月に3か月の仔犬ルルが来て、ルル育てと平行して練習していたので、毎日の練習時間の確保もけっこう苦戦しました。
                 
                1月と2月には訓練士会の練習リンクに参加。
                グーのようなキャリアを積み過ぎた仔にとっては、練習リンクというシステムには本当に本当に助けられました。
                練習リンクが無かったら…引退を余儀なくされていたかも〜とさえ思います。ありがたいことです。
                出陳しない競技会にもせっせと足を運び、リンク脇で練習を積みました。
                練習リンクも、出陳しない競技会も、もちろんグーは本番だと思っているので、とっても良い練習が出来ます。ありがたい〜〜
                練習のあとは売店めぐりをして好きなおやつを買ってその辺に座って買い食い(犬だけど(笑))したり、がんばればいいことあるよ〜的なイメージを少しでも持って欲しくて、努力したつもり。
                以前は、競技会なんてつまらなくて退屈なだけだったと思うけれど、今はそうじゃないと思いたい。

                 
                普段の練習では、グーは、もう、失敗はしません(キッパリ)
                細かい細かいあれこれを修正しました。
                もちろん、昨年11月に同点2席だったときの、気になる箇所も徹底的に練習。
                そして、いちばん大事にして練習したのは、「グーの気持ち」。
                よく、「楽しくやってほしい」「楽しくやりたい」と耳にするけど、出陳しはじめはともかく、本番の競技なんて場数を踏めば踏むほど「楽しくなくなる」のは至極当然…
                グーに、「たのしーい!!!」と思って欲しいとはさらさら思っていなく、「(やりたくなくても)がんばろう!」という気持ちを持って欲しいのです。

                 
                練習のときはそのことを念頭に置いて…グーが本気でがんばったときには、わたしも本気で一緒に喜び、本気で褒めて、もうその場で練習終わりっ!(ほんとはまだやりたいことあっても…)
                そうだよ、その気持ちなんだよ、がんばってくれて嬉しい!グーかっこいいよ!
                わたしが心からそう思っていて、グーをリスペクトしてるよ!ってことを伝えるように努力しました。

                 
                …さて久しぶりの競技です。
                グーは、クルマから出て、競技が終わるまで、気を抜かず、しっかりやるべきことをやってくれました
                 

                 
                お友達が撮ってくださったお写真なんですが、グーがね、競技中に飛びついて来たんですよ。
                わたしが自分の膝をトントンして、飛びつかせて気分を盛り上げることはあるんですが、グーの自発的な、それも競技中の行動としてははじめてです。
                こういった褒め方はせずにもっとピリッとさせたほうが良いのかもしれませんが…グーの頑張る気持ちをなによりも大事にしたかったので、嬉しかったです。
                結果は4席でした!
                なんて犬種バラエティーに富んだ表彰台でしょうか。
                こういうの大好きです。
                「ビーグルだから」って言い訳なんてできませーん。
                良い関係を構築しながら、シニアだけど、まだまだ楽しみたいです。
                 

                JUGEMテーマ:ビーグル

                2017.11.26 Sunday

                FCI西日本インターナショナルトライアル<グーCD2>

                0
                  5月の競技会から半年、シーズン最初の訓練競技会は奇しくも5月と同じ、遠い滋賀県のドラゴンハットでの出陳となりました。
                  この半年、いろいろなことがありました。
                  5月の競技会から戻るとすぐにルーの癌が再発、2か月の壮絶な闘病の末、8月2日に虹の橋を渡りました。
                  闘病と介護の暑い夏、ルーとも、そしてグーとも変わらず自主練を続けました。
                  心は泣いて泣いて涙も枯れ果てていましたが、それまでと同じ日々を過ごそうと決め、自主練も続けました。
                  ルーが亡くなった日も、先生のレッスン日でした。
                  彼女にかけた最後のコマンドは、「コイ」。嬉々として従ってくれたルー。
                  犬と同じ目標に向かって進むことは、本当に本当に素晴らしいです。
                  *
                  *
                  さてグーとの競技です。
                  実は11月5日に、本部展が開催される予定でエントリーもしていたのですが、台風の影響で中止に。
                  それで、このドラゴンハットでの競技会が今シーズンの初戦となったわけです。
                  暑い夏も、ルーが死んでも、コツコツ練習を積みました。その成果を出したい。
                  *
                  *
                  5月の競技会では、ウォーミングアップがうまく行かなかった、紐無し脚側行進でわずかな遅れがありました。今回はその点を克服することが目標です。
                  *
                  *

                  3部B班 古屋龍人審査員 
                  規定:68.4 自由:29.8 合計98.2 
                  同点で2席(1席犬が年齢が若いため)

                  !で
                  また、2席でした〜〜!
                  また、若いボーダーに負けた。
                  でも、点数は同点だし、年齢の差での2席なので仕方ないです。ボーダーと互角に戦ったのだから、グーにバンザイ!
                  競技中、ふり返るとたくさんのギャラリーでびっくり!でした。
                  *
                  *
                  ウォーミングアップも落ち着いて出来たし、スタート位置につくまでの流れは満足のいくものでした。
                  先生がウォーミングアップについていてくださるときは比較的良い成績が出せていたのですが、なにもかも自分ひとりでやるとどうしてもうまくいかない。
                  今回の競技で自信がつきました。ひとりでもできる!
                  *
                  *
                  後日先生にビデオを見ていただいて、はじめて手放しで褒めていただきました。
                  まだまだ良くしたいところはあるし、いくらでも練習で乗り越えられると先生も仰っているので、これからも頑張ります。
                  何より、グーとの練習も、競技会も、楽しくて仕方ありません。
                  ルーからプレゼントしてもらった可愛い息子犬のグーと、毎日の時間を大事に大事に過ごしたいと思います。
                  *
                  *
                  遠い滋賀県の会場でお世話になりました皆さま、ウォーミングアップの助っ人とビデオを撮ってくださいました直美さん、本当にありがとうございました。

                  JUGEMテーマ:ビーグル

                   

                  2017.05.28 Sunday

                  京都長岡京トレーナーズクラブ訓練競技会<グーCD2>

                  0
                    グーと私、初めての遠征で、訓練競技会に出陳して来ました。
                    初めての遠征、と言うのはちょっと違うと言えば違うかも…
                    まだトレチャンさえ完成していないとき、何を勘違いしたのか…ヒトリで競技会に出かけたことがありました。
                    私とグーは出来る!と多大なる勘違いをしていたあの頃、出来るわけなぞなく、結果もその通りになりました。
                     
                    練習方法がまったく変わって2年、2頭の親子ビーグルのグラチャンが完成し、その後の競技会でも安定的に結果が残せるようになってきました。
                    遠征先の見知らぬ競技会場での競技、今の私とグーなら以前とは違い、きっと結果を出せる。
                    会いたくても会えなかった西日本のビーグルなお友達に会いたい!という気持ちも大きくなっていたこともあり、「遠征してみたいな!」という願望が…
                     
                    13歳3か月と9歳7か月の親子ビーグルです。
                    今後揃って元気に遠征旅行出来るチャンスもそうそう多くないでしょう。
                    いざ滋賀県竜王町ドラゴンハットへ。
                    ひとりで運転しての移動はキツかった〜〜
                    5月27日(土)、28日(日)両日とも訓練競技会とアジリティー競技会の併催です。
                    アジリティー競技会のほうがダンゼン参加犬多く立派なインドアの会場で行われます。
                    お友達はアジリティー競技会に参加しているので、土曜日に到着してその日はアジリティーの応援と、ちょっと離れた場所の(訓練競技会は野っぱらのアウトドア(笑))訓練競技会を覗いて脇っちょで少しだけ自主練して、グーも私も場所慣れ。
                     
                    日曜日
                    7時に受け付け開始と記載されていたので時間通りに会場に行ったのですが…
                    「準備が出来たら放送しますのでお待ちください」
                    そ、そうなのね(涙)
                    犬たちは少し離れたアジリティー競技会のお友達のパドックでクレート待機させていましたので、この、「時間が読めない」ことには困ってしまいました。
                     
                    気温が低い時期なら車中待機させるなどどうにでもなるのですが…
                    13歳のルーも居るので、やはり待機は涼しい屋内のお友達のパドックが安心でした。
                    初めての場所で勝手が分からない上に時間も告知通りに進まないとなると、さぁどうしましょう。
                    犬は待機させたまま私だけが会場を行ったり来たりして、受付が始まって出陳順が分かったのが8時前。8時には競技が始まると記載されていたのに〜
                    出陳順は10番目。
                    やっと競技が開始されたので、少しの間観戦して、1頭どの程度の時間がかかるのか観察。
                    そしたらなーんと。
                    ゼッケン順の出陳が守られていないではありませんか。まぁ、ビックリ。
                    クラブ競技会だからなのか、こちらエリアの特徴なのかは、分かりませんが。
                    それでも、おおよその出陳時間を逆算して、グーを連れて会場に入ると、リンクにジャッジが居ないし(^^;)
                    グーの前の順番のペアもうろうろ、困っていらっしゃいました。
                    ビデオのセッティングも、競技の進み具合のチェックも、ウォーミングアップで使ったおもちゃをグーにバレないように仕舞うのもすべてひとり。
                    これ、難しいですね〜〜いや、参りました。
                    最大限頑張ったつもりですが、やはり、ウォーミングアップが尻切れに…くやしい〜!今回私の最大のダメポイントでした。
                    いつも協力してくださるお友達に改めて感謝感謝です。

                     
                    さて、肝心の競技は〜
                    97.7点とお点伸びずの2席でした。
                    初めての環境でドキドキ、時間が読めなくて挙動不審の指導手だったので、以前までのグーならしめたとばかり手を抜いたことでしょう。
                    元気さ明るさ華やかさは表現出来ませんでしたが、暑い中真面目に、真面目に、競技してくれました。
                    ウォーミングアップの失敗をはじめグーの良いところを引き出してあげられなくて、ごめん。
                    見知らぬ女性から「ずっと集中していて、素晴らしかったです」とお声掛けいただき、とても嬉しかった!

                     

                     
                    ビデオです。
                    まずはセッティング大失敗で、停座位置に居るグーが見えません^^;

                     
                    お友達が撮ってくださった、全容が見えるバージョン。

                     
                    後日先生にビデオを観ていただいて。
                    ウォーミングアップの失敗による全体的な質の低さ、特に脚側行進では私がグーに合わせている、とのご指摘。
                    ただ、飼い主イッパイイッパイ、初めての環境や条件下で、グーが失敗せず真面目に競技したことは成果である、と。
                    わたしも、その点ではグーをとってもとっても褒めたいと思います。
                    長年訓練競技を続けていて、お互い出来得る限り頑張る、という理想は、実現できたように思います。
                    1席を獲りたいけど…グーが精一杯頑張ってくれたとしても、現在のわたしのスキルでは、難しい。
                    この日の競技でも、ジャッジには思わぬ点を指摘されましたし〜ちょっと直すのは無理な点。
                    わたしとグーなりに、グーの、体調気力を鑑みながら日々の楽しみとして今後も練習を重ねて行きたいと思います。
                    続ける限りは、ちょっぴりづつでも進化してわたしたちなりの理想を高めていけたらいいな。
                    ありがとうドラゴンハット。
                    もう、グーとルーと来ることは、無いでしょう。

                     

                    JUGEMテーマ:ビーグル

                    Calendar
                          1
                    2345678
                    9101112131415
                    16171819202122
                    23242526272829
                    3031     
                    << December 2018 >>
                    PR
                    Goo & Roo & Lulu
                    Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
                    Selected Entries
                    Categories
                    Archives
                    Recent Comment
                    Links
                    Profile
                    Search this site.
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered by
                    30days Album
                    無料ブログ作成サービス JUGEM