ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.03.31 Friday

練習リンク

各地で行われる訓練士会。
訓練競技会と同じく競技が行われるのだけれど、ポイント等は付かず雰囲気はカジュアルでアットホーム。
訓練士会で競技デビューする仔も多いみたいです。
昨年か、一昨年か、そのあたりから、その、訓練士会に「練習リンク」なるものが設置されるようになりました。
グーが初めて参加させていただいたのは一昨年の12月。
当時競技会本番での手抜きにてこずっていました(今も課題はほぼそこ(^^;))。
練習リンクは、きちっとジャッジも居てくださって、雰囲気はまんま競技会。
ですが、褒めはもちろんオヤツもオモチャもなんでもOK。
初めて参加したとき、いつものように科目間でよそ見をしたグーに、練習時同様指示したところ

 

 

 

なんでっ??????
本番なのにっ?????
かーちゃん怒れないはずなのにっ?????
めちゃくちゃビックリしてて、こっちも真剣だったのだけど、後からビデオを見て思わず笑っちゃいましたっけ。
脚側行進中に、とっても頑張っていたのでボールが出てきたときも、上記同様ヒジョーに驚いておられました(笑)
ジャッジを目の前にして遊びまくるアホペア〜♪
自主練でいかに本番っぽく装っても、場数を踏んでいる犬にはバレバレで限界があります。
本当にありがたい練習リンクのおかげで、刺激的な練習が出来、もう少し上を目指して頑張ろうという意欲がわいてきます。
そして出陳申込みが増えれば競技者もJKCもWinWinということでしょうか♪
今シーズンは2回、練習リンクを使わせていただきました。
これは、先だって練習したときのキャプチャー。
グーもわたしもすっごく頑張れて、やったねー!って感じでした。
本番なら良かったのになぁ(笑)

JUGEMテーマ:ビーグル

2015.01.30 Friday

分かっちゃいるけど、出来なかったこと。

環境変化に伴い、訓練士さんを替わりました。
まず印象的だったのは、足りない部分の隙間埋め。

隙間は、狭い。

隙間以外の部分は出来てるのだ。

その狭い隙間を、埋めて、盛る〜ことが大事だと、今までも酸っぱく指導されて来た。頑張って埋めようと努力した。でも出来なかった。

道具や手法を替えて。再トライ。

隙間が埋まれば、ひろーい地面が現れるかも。

埋めるのはわたし。

埋められなかったのも、わたし。

君ではないのだ。

2014.09.22 Monday

もうすぐシーズン開幕

9月に入ったとたんストンと秋らしくなったヨコハマです。
下旬の今は、ほぼ秋。と〜〜〜きどき、夏のおもかげ。

わたしの体力低下のせいかこの夏はことのほか犬の面倒とトレーニングが辛く、暑さが堪えたのですが、大方の見方では「短い夏」だった模様。夏が去ってゆくのはとても物悲しいのですが、体力的にはありがたい。ぶっ倒れる前に涼しくなってくれたぁ〜〜ギリギリセーフな秋。

わたしと、グー&ルーの母息子は、10月12日に開催される「神奈川南ジャーマンシェパードドッグクラブ訓練競技会」に出陳します。半年ぶりの競技会。いやはや、もう何度か経験してるのだけどシーズン初戦はいつにもましてかちんこちんです。ちょっとあんた、いったい幾つになったんや??と自分で自分に突っ込みたい。

緊張感が高まるとともにフラッシュバックしてくるのが、付いて来ないあいつ。
しょっぱなの脚側行進の出だしで、張り切って進むのはわたしだけ。グーはスタート地点に座ったまんま。
行進中の作業も、肩をいからせてスタートするのはわたしだけ。お〜〜〜〜い!!!

今思えば、いろんな問題行動を抱えていたグーを、正しい行動に上手に導いてやれなくてイライラしていた。上手に導くために始めた訓練競技なのに、それを忘れて本番に臨んでいた。皆が見てる、ビーグルだからダメだって言われたくない、出るからにはカッコ良く見られたい…

このブログを読み返してみても、「なに言ってんの???」的なことばかりグーに対してやらかしていて、穴があったら入りたい。

わたしが緊張せずにリードを持てた瞬間からグーが吠えなくなったことは、何度も書きました。

わたしがグーを信頼して、自信を持ってスタート出来たら、競技会本番でもグーは付いて来るのだ。

最初見えなかったグーの鼻っ面が、視界に入って来ると泣きそうになる。
ああもういいや、なんでもいいや、大好きだよ、偉いね、君は男だ!タマ付きだ!そうだタマ付きだぞっ!!かっこいいぞ!そう言いたくなる。本番なのに。

そんな本番目指してるんだよ、かーちゃんは。
なぜなら、その短い時間に、君とわたしの、いろんなことが詰め込まれているから。
全て透けて見えるから。
おい、聞いてる???





JUGEMテーマ:ビーグル
2013.12.27 Friday

グーの脚側行進


グー(6歳1か月)の脚側行進が、この秋辺りから良くなりました。

匂い嗅ぎ、よそ見、遅れる、のオンパレードだったグーの脚側行進。
訓練競技会の本番になると、なんと、スタート位置で「ヒール」コマンドを出しても付いて来ない!座ったまんま。再度コマンドしても、まだ座ったまんま。
こんなことが1度や2度ではなかったんです。
訓練競技会の朝は、イヤでイヤでしょうがなかった。
「また、動かないんじゃないか」
「また、後ろで観てるギャラリーに笑われちゃうな」

でも、不思議と競技や躾を止めてしまおうとは思いませんでした。訓練士であるセンセーに、グーのリードをお渡しして、競技していただくことも考えませんでした。

グーの、他の犬に吠えかかったり同居犬に噛みかかったりする悪いところを、どうしてもどうしても直したい。競技を諦めたら、躾も諦めてしまいそうな気がしたし、グーには飼い主が指示したことはやらなきゃいけない、やれば褒められる、ということを覚えて欲しかった。

あれこれ手を変え品を変え反抗・反発してくるグー。競技会もですが、毎日のお散歩も、本当は行きたくなかった…他の犬を見ただけで興奮して吠える、母ルーに噛み付く。それを叱る私を、けげんな表情で見るひとの視線がイヤでした。

4歳を過ぎたころ、私の態度を変えたことがきっかけで吠えるのを我慢出来るようになった。
だけど、競技では相変わらず反抗して、本番でもちっとも結果が付いて来ませんでした。

6歳を迎えようという秋の初め、自主トレしようとグーのリードを握ったら「やろうよ!」とでも言わんばかりにキラッと瞳を輝かせた(ように見えた)。

11月と12月の競技会(12月の競技会はちょっと体調が悪かったけれど)では、よそ見やクンクン無し、ドンヨリもしていない、元気なビーグルの脚側行進が出来た。

センセーに「どうして出来るようになったんでしょうか」と伺ったら、「理由は考えない。今の良い状態をしっかりと覚えておいて」と言われました。

また、壁にぶつかるときは必ず来るのだろうけれど、グーと本番のリンクに立つのは、もうイヤじゃない。



JUGEMテーマ:ビーグル


 
2013.05.24 Friday

CD3(高等科20科目)の科目トレーニング<課題だらけ>

ルー9歳、グー5歳。
CD3、20科目に挑戦することに決めました。
夏いっぱい練習して、秋〜来春の競技会でチャレンジしたいと思います。

ルーは、高等科はやらせなくてもいいかなぁ〜首に疾患があって飛越系の練習はあまり出来ないし…と悩みましたが、正直CD2(10科目)は飽きた〜2頭同じことをやらせているせいもあるけれど、10科目の競技は、ある程度訓練が進むと細かい部分の積み上げに訓練になって来るので、飽きちゃった!

ここらでちょっと気分を変えて新しい科目を練習しよう〜♪的な。

ルーは、無理させず途中で諦めることも大きく視野に入れてます。
が、グーは、無理させます。
グーとは、どんなに時間がかかっても、オナハンでグラチャン獲ります!(と、宣言しとかないとくじけそう)

ってなわけでCD3の初歩訓練の記録です。

<ルー>
脚側行進の先行癖は、だいぶん正しい位置が刷り込まれて来たようですが、紐無しになると私の歩速が遅くなるので、一定にしてルーの追随を確認する。ご褒美の出しかたを調節する。
行進中の3姿勢は、未だに2〜3歩付いて来てしまってからの実行なので、一旦停止してコマンドし確実にその場でやることを教える。

6つの自由科目のバリエーション
お手お代わり、ちんちん、お回り、8の字股くぐり、股くぐり歩き、遠隔:立止から停座。
今のところ、完璧に出来るのは、お手お代わりのみ(汗)。

ちんちん:現段階では視符を出し続け、徐々に消去してゆく。
お回り:視符を大きく描く
遠隔:停座を指示する視符は、前脚を動かさず後ろ足での停座を促すよう、犬の後方へ。


<グー>
グーの課題は脚側停座が下がり気味になること。頻出するのでいちいち減点されていてはたまらない〜。紐付きでコツコツ修正。紐無しでは早め早めの視符。

行進中の伏臥が相変わらず課題。ご褒美を右手に持ち意識させ右方向へ脚側行進、右方向へ視符。すぐにご褒美。視符から逃げる意識を払拭し良いイメージかつ右方向への伏臥を意識付ける。
停座、立止も一旦停止し丁寧に行う。

自由科目のバリエーション
お手お代わり、ちんちん、お回り、くわえて歩く、8の字股くぐり、股くぐり歩き、遠隔:立止から停座。グーは、ある程度手数あり。

さぁ、夏いっぱいコツコツ〜練習しよう!



357/358
JUGEMテーマ:ビーグル
 
2013.05.01 Wednesday

5月1日の科目トレーニング<ルー&グーCD靴領習を開始>

春季本部展の様子は、当日の日付で後日アップします♪
ホントは2頭ともポイントを10ポイント積んで、CD靴領習を始めたかったのですが…なんせビーグルですのでそう美しくは行きませんね(^_^;)

今日の科目トレーニングは、新しいこと満載で複雑だったのでメモとしてお先にアップ。

ルー&グー、春季本部展終了後最初のトレーニングです。
本部展では2頭とも1科目づつを落とし95点に到達することが出来ませんでした。
訓練競技会は、秋までお休みし夏の間はCD掘聞眦科20科目)の練習を積み、出来れば、次のシーズンで高等科でメジャーポイントを獲得して、グランド・トレーニング・チャンピオンを目指したいと思っています。

メジャーポイント…20科目すなわち200点満点で190点以上を取らないとなりません。今まで挑戦していたCD供蔽翕科10科目)の倍…競技時間も、倍…
無理だろ〜〜〜〜〜

しかしながら親子の年齢を鑑みても(特にルーはすでに9歳)チャレンジするなら早いほうが良い。
出来るところまでやってみよう、ルーには無理をさせずダメなら途中で諦めよう、この2つは決めています。グーには、無理させますけどね(笑)

<グー>
◎行進中の作業◎
3姿勢は全てリード付き、スタート〜脚側行進の距離感と位置は厳守、伏臥・停座・立止の順序を守り教える。グーの場合コマンドへの反応速度を上げることも併せ行う。

行進中の伏臥:右手にご褒美、左手にリード、コマンドと同時にリードは前方へ投げ出すイメージ、右手でクイックな視符。

行進中の停座:リードを後ろ上方へ引く。

行進中の立止:顔の前に手をかざし「立って」のコマンドで静止。

◎障害飛越往復◎
往復の飛越をさせるには、復路の助走距離を担保するため往路を飛んだあとすぐに静止させる必要がある。飛ばせる前に障害板の向こうにご褒美を置いても良いが、ビーグルゆえ食べたあと匂い嗅ぎが止まらなくなるのでポイント的に行う。
障害板をまたいで手で犬を静止させる、大声で「立って」とコマンドするなど。
復路の飛越は、手で障害板を指して意識させても良いがだんだんと消去してゆくこと。

◎遠隔◎
停座から伏臥は、練習をしていたこともあり視符無しで出来ました。据座との区別をしっかり。

◎物品持来◎
ダンベルを咥えたら「コイ」とコマンド。
正面停座の距離感は、腰を引き上半身を折る姿勢により縮める。ご褒美は、ポイント的に使うこと。
グーの場合最も注意すべきは、練習し過ぎないこと…遊び行動が出てしまうのです。

◎休止◎
ときたま練習していたので、今日は、1分間の休止は出来ました。

<ルー>
◎行進中の作業◎
3姿勢は全てリード付き、脚側行進の前被りは、常にご褒美を左手に持ち、後方を優性に手を振ることで徹底し、修正すること!チョーキングが使えないので、この方法を徹底する。、伏臥・停座・立止の順序を守り教える。ルーはコマンドへの実行性(ご褒美への期待感もあり2〜3歩付いて来てしまう)を考慮する。

行進中の伏臥:左手にご褒美とリード。コマンドと視符でリードを水平後方へ素早く引く。

行進中の停座:コマンドでリードを後ろ上方へ引く。

行進中の立止:コマンドで素早く後ろ足の付け根に手を入れ立って静止させる。

◎物品持来◎
現状維持。

2頭同時に新しい科目を覚えさせるが、各々教え方が異なるので指導手が冷静に区別して、対応すること!これに尽きます…特に行進中の3姿勢は、曖昧な教え方をすると犬が混乱して3姿勢ともバラバラになるので注意!過去、グーに立止を教えて伏臥と停座が出来なくなってしまった経験あり。頑張りましょう。



JUGEMテーマ:ビーグル
 
2012.11.28 Wednesday

11月28日の科目トレーニング

公園の花壇エリアで7時半スタート。ご一緒したのはプーちゃんです。

この日の朝の気温5℃以下だろうと思います。どんよりとした曇り空。ラジオの天気予報では師走頃の気候、って言っていました。

グーは途中でご褒美を与えない脚側行進。スタートでしっかり気合い?(私がやる気をしっかり伝える)を入れることが出来れば紐付き、紐無しとも集中して出来るんです。本番での、グーの課題はとにかく集中を切らさないこと。余所見をしていればそのままチョークを入れながらコマンドをかけてスタートするなど集中を切らさせない工夫をする。しっかり褒めること決してパターン化しないこと。

第一&第二コーナーで膨らむので曲がり終わり際にチョークを入れて追随を意識させる。指導手は常にラインから凹むように意識して動くこと。


ルーは、気温が低くなり逆くしゃみが出やすくなって来てしまいました。
自主トレ時は綺麗に決まる脚側停座、今日はなぜだか曲がる曲がる。私が焦ると余計に曲がる。
出来ていると思っていましたがまだまだ完全に身に付いてはいないようです。停座位置前で停止したり細かく回ったり、細分化して教えること。
なんと今日はその場での立止も大被り。こちらも、まだまだ胸の前を補助して前に出ないことを教え続けないとダメです。

次の競技会はクリスマスイブ。ルー、出陳することに決めました。
悪天候の場合は無理させるつもりはありませんが、冬の気温とうまく付き合うべく、工夫して生活とトレーニングをしていきましょう。




302/303
JUGEMテーマ:ビーグル
 
2012.10.16 Tuesday

10月16日の科目トレーニング

いつもの施設で7時スタート。
ご一緒したのはクイールちゃん&こころくん、オータムくん&ジョイアちゃん、ジャスパーくんです。

ルーの脚側行進は動きながらご褒美を出す式を継続しています。先読み出来ないので、集中した脚側が出来ていますがご褒美を減らしていくと、どうなるかな?

前へ出てしまうその場での立止は、胸を手で押さえて前へ出られないようにして練習しています。ググッと手を押し返してくる力が少しづつ弱くなって来ています。コマンドを出す前に手で押さえるようにして、遅れないようにすること。

自由選択科目は、行進中の伏臥からの招呼、お手お代わり、据座、で行こうと思いますが物品持来もスピードがあるし、8の字股くぐりと股くぐり歩きも将来に向け練習を続けようと思います。

グーは脚側行進で本番を想定すると、ギャラリーのほうへ向かって歩く常歩第2コーナー後、速歩第4コーナー後の直線でよそ見&浮遊臭取る率がアップしてしまうので、その直線では上手に出来ていたらはっきり褒めて集中を維持を意識させる。前回の競技会のときもそうでしたが練習での脚側行進には以前よりも数段安定感が出て来ています。練習では120%いや200%?の完成度を目指さないと本番での70%の出来は難しい…



291/292
JUGEMテーマ:ビーグル
 
2012.10.09 Tuesday

10月9日の科目トレーニング<集中維持>

いつもの施設で7時スタート。
ご一緒したのはオータムくん(ビーグル)とジョイアちゃん(ラブラドール)です。当家の2頭とオータムくん、競技に向かないとされるビーグルのシェアNo1の我々の先生ではないでしょうか!(大変かと思います)

永遠の、そして難問の課題。
「脚側停座時の集中維持」
競技中頻出するこの姿勢。浮遊臭を取ってみたり…よそ見してみたり…審査員さんをガン見してみたり…そうなっちまうとコマンドなんてソラミミアワー!

対策その1:
お散歩のときのクンクンを基本禁止。2頭ともに訓練しているのでそこらのびーぐるさんたちよりはクンクンはしませんがそれでも、他犬種に比べれば常にお鼻は下へ下へ…定点以外でのクンクンを禁止!その代りヘッドアップして私に集中出来ているときは褒め&ご褒美天国です。私への集中力を醸成するため、先生のアドバイスです。クンクン猟犬たるビーグルにコレを強いるってどうなの?とも思いましたがご褒美が出るし走ったり止まったりの遊びを入れるとクンクンよりも楽しいみたい♪私はヘトヘトですが、でも、こちらも楽しいです。


対策その2:
トレーニングのときは浮遊臭を捕るのも禁止。ヘッドアップしていても鼻のヒクヒクを観察し注意します。難しいけどね…

グーは本能で嗅ぎ、ルーは私の目を盗む「ゲーム」として嗅いでいる、と先生。ルーのほうが手強いです。が、匂い嗅ぎのルールを徹底すれば早くなじむのもルーです。

停座時の集中がもっとしっかりと出来れば、科目の動きはすでに理解出来ているので精度がアップしより練習に近いパフォーマンスが発揮出来る…どのペアも苦労している点かと思いますがなんとか乗り越えたいものです。




289/290
JUGEMテーマ:ビーグル
2012.10.03 Wednesday

10月3日の科目トレーニング<モチベータ―は…アレ!>

訓練競技会のエントリを後回しにして、競技会の反省を含めたトレーニングの記録です。
雨模様のためいつもの施設で7時スタート。

競技会での反省点は、2頭とも脚側停座時の集中力の無さでした。
この欠点は今までももちろんあったのですが、その他にも問題点が多々あり、これについてはなかなか改善出来ずにおりました…何しろ競技会本番に限って顕著に表れてしまう欠点なのです。

脚側停座で待つ、という姿勢は競技中とても頻繁に出て来ます。その時によそ見をしたり、浮遊臭を取ってしまいそこで集中が切れる。先日の神奈川ブロックでの失敗は2頭ともに、ココにありました。

頭を下げて芝生の匂いを取ってはイケナイ、ということは普段から厳しく叩き込んでいるし毎日のお散歩でも「ゆっくり」のコマンドが出たら頭は下がりません。ですが、2頭は頭を下げない代わりに鼻だけを使って浮遊臭を取ることを覚えてしまいました。これからは鼻をしっかり観察してこれも注意しないとなりません。

停座時にはときにはご褒美を使っても良いので、集中することを叩き込む。出来ているときをしっかり褒める。まぁ、難しいです。家の中でも散歩中でもランダムに練習しないと…

そして今日は、科目に対しての全体的なイメージアップのために、朝ご飯を練習リンクまで持参しました。ご飯がそこにあることが分かるとテンションアゲアゲな2頭。

最初に練習したルーに関しては、効果があり集中した作業が出来ましたがグーでは、ルーの練習を見ているときからすでに興奮状態でいざ練習となると心ここにあらず。脚側は先行するわ停座は曲がるわ。これをしっかりコントロールしないとダメと先生。ご飯と一緒の自主トレも、何度か挑戦してみましょう。

次の競技会は1か月後ですが、科目の実行性は維持しながら集中力と意欲をアップさせたい。簡単ではありませんが2頭ともにトレチャンを達成出来たし、悩んでいた不服従は今のところ克服出来ているので心理的にはとてもラクなんです。グーの吠え、他の犬に対する強すぎる反応はまだ容赦出来ませんのでそちらはしっかり対策し、競技は楽しみながら挑戦する、というスタイルに(ワタシの気持ち的に)変えて行けたらいいな。


小雨模様の中の先生の撮影。
雨ヘーキなグーは待てますが雨大嫌いなルーはブルブル(^_^;)


287/288
JUGEMテーマ:ビーグル
 
Powered by
30days Album
PR