2012.10.13 Saturday

10月13日のスクールトレーニング<暑かったけど遊べたし楽しかったヨ!>

0
    10月になってセンセイ主催のスクールトレーニングが再開しました。ドッグランG’sgで9時スタート。ご一緒したのはジャスパーくん、こころくん&クイールちゃん、プーちゃん&モコちゃん、ジョイアちゃん、チャバディくんです。10月も中旬だというのに犬もヒトも日陰を求めてウロウロ、汗だくになる暑い一日でした。

    午前中は椅子取りゲームやだるまさんが転んだ、タッチ&ゴーをして遊びました。椅子取りゲームでのルー、立止でのマテが随分と上手に出来るようになって嬉しかった!タッチ&ゴーでは身体の小さいグーが1番でした!まぁ、失敗しないで戻って来られたからだけどね。グーにしては頑張りました!それにしてもワタシ、だるまさんが転んだ、苦手…一度もタッチ成功したことないです(p_-)

    競技会の練習。
    ルーは脚側行進の意欲出しの方法として、今までのように停止してご褒美を与えるのではなく行進しながら(動きながら)ご褒美を与える方法を教えて頂きました。これによって先読みとパターン化を無くすことが出来ます。

    練習中のダンベル持来、随分と意欲的な動きが出来るようになって来たのですがその代り「マテ」が出来なくなって来た…首輪を持つなどして待たせること。

    グーは…今日はまるで本番かのような意欲の無い状態でした。暑さもあるだろうけれどそれでも練習が終わったら弾けて遊んでいたので元気はあるはず。こうなるとダラダラの作業になってしまいます。途中チョークを持ってシャキーンと気合いを入れる、切り返しをコンパクトにして集中を切らさない、これが出来るようにならないといけないのは、ワタシです。

    次回の競技会は大きな本部展なので頑張りたい!




    JUGEMテーマ:ビーグル
     
    2012.06.09 Saturday

    6月9日のスクールトレーニング<お散歩トレーニング>

    0
      スクールトレーニング後半はスタジアムの周回を使ったお散歩トレーニングをしていただきました。
      課題があるのはやはりグーなのですが、今会得したいのは他の犬を「無視」すること。現状では、すれ違うまではガン見で、通り過ぎたあとアイコンタクトしてきてご褒美の要求。アイコンタクトまでのタイムラグは相手によって(苦手かそうでないか)によって異なるのです。

      アイコンタクトを促すのには名前(アテンションコマンド)を使う。まずは相手との距離をある程度置いて名前を呼んで反応出来そのままヘッドアップ(相手を見ない)出来る。だんだんと距離を縮めてトライし、最終段階としてはすれ違う瞬間に名前を呼んで反応出来るようになること。簡単には行かないだろうけれど吠えだって良くなったのだからコツコツ頑張りましょう!

      先生に教わりました。
      コマンドを出して従わせることは第一段階。犬自身がが「何が正しいか、を経験値で判断して正しい行動を取る」が最終段階。

      フレキシリードでの2頭引きもだんだん楽に出来るようになって来ましたがグーが先行しルーが遅れるのが癖に。グーが匂いなどに反応して強く引いてしまうこともあるので、そんなときは躊躇せず指示すること。ルーの遅れも同様。無言で。


      JUGEMテーマ:ビーグル
       
      2012.06.09 Saturday

      6月9日のスクールトレーニング<科目トレーニング>

      0
        先月に引き続きスクール形式のトレーニングにルー&グーと参加しました。ルーはトレーニングを受けるのは約1ヶ月半ぶりです。ご一緒したのはこころくん、クイールちゃん、風花ちゃん、とん平くん、チャバディくんです。

        生憎の雨、今日は梅雨入り宣言が出されました。日産スタジアムでのトレーニングとなりました。

        <ルーの科目トレーニング>
        ワタシとの自主トレは細々と続けていたルー。脚側停座の精度と、招呼の直接脚側停座の練習を中心にやっていました。
        脚側行進は、後半の集中力を延ばしたいのでご褒美のポイントがパターン化しないように注意すること。
        脚側停座は停座位置に大回りで入る先読みの傾向が出ているので、グーのときもやった方法、停座位置前で一旦停止し(ときにはご褒美)、ゆっくりと停座位置に入る練習。距離感も縮められるようにする。この方法は常歩から速歩へのターンでも取り入れること(大回りしているので)。

        招呼での直接脚側停座は、大分意識が出来て来た(今までは後方から回り込む脚側停座でした)のでコマンドのタイミングを遅らせても出来るように練習。犬が走って来て、綺麗に停座に付いてくれるのは嬉しいものですねー!

        その場での立止は後ろ足意識は大分出来て来ましたがまだ前脚が1歩前へ出てしまうことがあります。まだまだ…

        障害飛越、8の字股くぐりと持来を練習しました。
        持来は咥えることとリターン&保持は出来るのですが「持って来い」でスタートしないんです。ボーっとダンベルを見つめたまま。近距離で投げて褒めながら取って来させる「遊び」っぽい練習をしてもっと欲を付けるようにと先生。

        犬らしくビーグルらしくご褒美のために?嬉々として動くルーとのトレーニングは、グーのそれとは違いリラックスして臨めるワタシです。


        <グーの科目トレーニング>
        自主トレではご褒美多めor褒め大げさに のいずれかのパターンで脚側行進のイメージ改革を試みています。
        今日は先生が細かくご褒美ポイントを指示してくださいました。先生曰く今のグーは一時の反抗的な様子は見られないので今までご褒美無し、ヘッドダウンしたらチョーク=やらないといけない という意識を持たせることを中心にやってきたトレーニングを、脚側行進に対するイメージを改善するために「えっ?また貰えるの?」というタイミングでご褒美を与え、ヘッドアップが安定しているときはその距離を延ばす。ヘッドダウンやよそ見は、容赦なく素早くチョーク。

        イヤイヤ脚側行進が変貌を遂げることは出来るのでしょうか。そしてグーは、ワタシに対する意識を変化させたのでしょうか。吠えが改善出来てきただけにグーの今の心理状態を知りたいです。

        ご褒美ウハウハの脚側行進だったのでその後の科目も普段より反応良くこなすグー。行進中の伏臥の反応も速かったとのこと。ただ…テンションが上がると、その場での立止が大被り。後ろ足の認識をもっとつけないといけません。

        ダンベル持来は遊ぶことなく大分かたちになって来ましたが指示を入れても正面停座が曲がるのです。もっと大げさに指示を出すこと、と先生。


        JUGEMテーマ:ビーグル
         
        2012.02.11 Saturday

        2月11日のスクールトレーニング

        0
          とっても久しぶりにスクール形式のトレーニングに母子と参加しました。ご一緒したのは風花ちゃん、ジャスパーくん、ジョイアちゃん、オータムくん、かのんちゃん、にこちゃん、こころくん、クイールちゃん、プーちゃん、モコちゃん、チャバディくんです。

          <お散歩トレーニング>
          開催場所のドッグラン近くの川沿いの遊歩道にてお散歩トレーニングです。母子はいつものようにフレキシリードでの2頭引きを見ていただきました。普段こういった開けた公園のような場所ではフレキシをフリーにして自由にさせているワタシ。今日は普段の様子を見ていただいて、指摘していただきたかったので普段通りに好き勝手にクンクンクンクン。で、進みたいときは名前を呼ぶか「行くよ〜」で進むのですが、母子とも声をかけても、無視(涙)

          そして歩道へ向かうといつものようにフレキシをロックして普通のリード状態に。すると母子はイヤイヤながらもリードの範囲内で歩きます。

          ここで先生の指摘。「犬の自由意思の尊重」のはき違え=ワタシ。フリーで普通の歩道などを歩く場合、ワタシが犬に合わせて立ち止まったりしないこと。犬が匂いを取って立ち止まっても、フレキシのストップボタンをカチッと押して引っかけ、立ち止まらせない。犬が先行し過ぎても同様にカチッ。こうすることで犬たちは常にワタシを意識せねばならないようになり、付かず離れず、かつある程度は匂い取りも出来るというビーグル的?理想的なお散歩が出来そうです。ともすると無意識に犬たちに動きを合わせてしまうワタシ…これが悪い動きの根源でした。

          そして広い場所では「いいよ〜」で解放してやる。ただし時には広い場所でも上記のような状態を続けることも実施し、コマンドが出なければ自由には出来ないことを覚えさせる。フレキシフリーでの解放、フレキシフリーでの制限付き解放、「ゆっくり」、「ヒール」、左側へ回す「あと」。これらのコマンドを必要最低限使って上手に2頭引き出来るように日々のお散歩頑張ろう。


          お友達のお散歩トレーニング待ち中。あったかでした。




          <ルーの科目トレーニング>
          最近脚側行進の速歩で遅れが目立つルー。自主トレのときも気になっていて、紐付きのときは遅れたらチョークで指示して追随出来たら褒める。紐無しのときも遅れるので遅れたらすぐリードを付ける。今日も遅れる…ご褒美ポイントを少し多くして焦らずに練習すること。
          課題の立止の前被りはまだ直せない。左手のフォローでの修正と紐付きでの修正を続けます。が、それにしてもなかなか直せない。ダメだなワタシ。
          行進中の作業は、今のところ視符への反応は良くなっており、伏臥と停座のバランスも良いです。本番ではやはり、視符を出すことにしました。
          ルーは、そのときの「気分」」が科目の精度に大きく影響していると先生。もちあげてアゲアゲで調整したほうが良いのかな〜?あまりアゲアゲにすると落ち着き無くなってしまうし…脚側も前被りになりそう。いやいやどんなときも正しい位置で脚側出来るようにするのが先ですが。

          <グーの科目トレーニング>
          この日のグーの科目トレーニングはお友達の中で最後から2番目で、時刻は16時近く。こんな時間に先生に見ていただくのはおそらく初めてで、いつも落ち気味のテンションがどうなるか心配でした。順番待ちの間は少し前にクレートから出し排泄させワタシは見えるけど離れたところに係留しておいてみました。
          ワタシも緊張して挑み、グーの集中は最近の中では良い状態で最後まで切れずに維持出来ていたようでした。脚側行進も合格をいただけるヘッドアップが維持出来ていました。

          ここ最近表出してきた課題は立止の前被りです。出来ていたのに、何時の間に…涙。リード付きで修正しますがビビりなワタシ、あまり強く修正をかけると「立たなくなるのでは」との恐れに支配されてしまいきちんとした指示が出来なくなる。おだてながらやらせてみたり…これはダメなことは先刻理解しているのですが…

          行進中の作業は声符のみでトライすると出来るは出来るのですが反応が遅く2、3歩付いて来てしまいます。反応速度をアップさせるためには伏臥では鼻っ面をパーンと叩く勢いの視符、停座はスワレの「レ」を言い終わるくらいのタイミングでお尻をパーン。伏せなきゃ!座らなきゃ!と思わせないと意味がない。また視符を入れる前提になるとコマンドが甘くゆっくりになるワタシ。コマンドは常に一定の抑揚で。

          これまた課題の物品持来は、まだ遊びの意識が強く匂い取り、前脚での遊びが出ています。距離を短くして基礎に戻してコツコツ練習します。定着への道のりは遠いです。


          皆さんお世話になりました。



          JUGEMテーマ:ビーグル
           
          2011.05.14 Saturday

          5月14日のスクールトレーニング<久しぶりの参加>

          0
            10時からはスクール形式のトレーニングに参加しました。母子と参加するのはとても久しぶりです。ご一緒したのは、かるびちゃん、とん平くん、ジョイアちゃん&オータムくん、クイールちゃん&こころくん、かのんちゃん、初参加のイタグレの小梅ちゃんです。久しぶりのドッグランなので、ガス抜きを兼ねて母子で楽しく走らせていただきました。

            <紙テープ その1>先生から渡されたのは白い紙テープ。2Mくらいでしょうか。一方を犬の首輪に、一方をワタシのパンツのベルト通しに結びます。もしかして…そう、紙テープがリード代わりです。ラン内にちょっと複雑なコースが描かれ、紙テープで繋がれた犬と飼い主は常歩で進み、ポイントポイントで停座、伏臥、立止をさせます。テープが切れたら失格!まずはルーと挑戦です。

            ルー、意外と良くワタシに注目してくれ、「さっき(早朝の科目トレーニング)より良いんじゃない?」と先生に言われました〜。うーん。でも、出来ると思っていなかったので嬉しかった!

            息子グーも、危惧したよりも上手に出来ました。まぁ、ランの外を知らない♂犬が散歩でもしていたらとたんにアウトだったでしょうけど〜

            <アテンション(多頭飼いの場合)>母子を待たせて離れ、どちらか一方の名前(アテンションコマンド)を呼び1頭だけ呼び寄せる(もう一方は動かずに待つ)。だいぶ以前に先生から、飼い主にしっかり注目させるうえで必要とのことで教えていただいたトレーニング。散歩中や家の中でも、良く練習していました。

            でも今日のアテンショントレーニングは、もっともっと上級!2頭を待たせ、グーの大好きなボールを持って離れます。グーの目は、ボールを追ってキラキラランラン。そんなグーを横目で見て、これから何が起こるのか戦々恐々のルー。

            そして呼ぶのはルー。ボール大好きなグーは待っていないといけません。が、待てません(涙)。そこでおそろしくドスの効いた声でグーに「マテ」をかけ離れやり直し。何度か失敗をしたあと出来ました!そしたら来られたルーを褒め「マテ」をかけ、待てたグーの元へ行って褒め、ボールを投げてやり持来させて遊んでやります。その間待っているのは、ルー。


            犬の大好きなモノ(グーの場合はボールやディスク、ルーはオヤツ)を利用してハードルをあげ、よりアテンションに対する反応を強化します。刺激の無い状態では、母子ともに「またあの練習かぁ〜」的な先読みが出ていましたので、これでまた新しい挑戦が出来ます。ワタシに対する執着や集中が弱い母子ですので、きっと良い効果が出るはず。

            <紙テープ その2>今度は、「速歩」です!フラァ〜っと意識が逸れたらテープ切れます!でも、母子頑張りました。普段のお散歩でも、ワタシの腰にフレキシで挑戦してみようかな?もちろん安全なエリアで。


            暑かった一日でしたが、最後にはグーは久しぶりに仲良くしてもらっているクイールちゃんとバトル、ワタシとディスクも出来、大満足だったようです。クイールちゃんありがとうございました。




            JUGEMテーマ:ビーグル
             
            2010.04.10 Saturday

            トレーニング59回目<スクール形式だよ。進歩しない母子>

            0
              先生が主催なさる、スクール形式のトレーニングに参加しました。先月は強風、先々月は極寒(雪)とお天気に恵まれなかったのですが、今月は晴れ!参加のわんちゃんも17頭と活気に溢れた1日でした。

              <すれ違いの練習>母子の2頭引きで、刺激係りのわんちゃんたちの間を進みます。他の仔から視線を外したお散歩を目指しているグーですが、母子の2頭引きになると相変わらず自由度がアップ。それでも、なんとか「ゆっくり」は出来るのですがリードがピンと張ってしまっている状態です。これが、普段のお散歩の現実。今日は、しっかりと現状が露呈してしまいました。かえってその方が良かったのですが…お友達であろうと、犬が居たら相手を見ないで飼い主に歩調を合わせたお散歩。目指すゴールは遠いです。

              <トライアル:ウエイト>「マテ」です。どのわんちゃんもとってもお利口に待てるので、どんどんハードルが高くなります。今日は、犬を待たせて飼い主が場外へ走り去り物陰に隠れる。なんとココがスタートです。驚いたことに母子を含めこの段階で脱落する仔は1頭も居ません!グレイト!もちろん刺激が入ります。先生がボールを投げたり、「よし来い!」と誘ったり。ハイ。母子とも第一の刺激で終了。あーあ。

              <トライアル:カム>「コイ」です。呼び戻すワタシと犬との間にオヤツ入りのボウルが2つと、電気仕掛けの動き回るおもちゃ。先月はオヤツ全て完食かつ匂い取りの旅へ出たグー。今日はですね!スタート地点へ向かうさい、オヤツボールの前で覗き込むグーに思い切り怖い声で「イケナイ!」と言いチョーク。「リーブ」のほうが良かったかな…その効果か、ボウルを覗こうとするもののフラフラとなんとか戻っては来ました。タイムはダメダメですがまぁ、先月よりはマシですがコマンドの実行性をもっともっとアップしなければダメですね。ルーは先月よりも頑張ってボウルを無視しトロットで来ました。エライね。

              <トライアル:ボールの持来>先月は置き持来で、送り出したとたんに匂い取りに没頭し失格だったグー。今日は投げて良いとのこと。大好きなボールに目を輝かせるグー。「持って来い!」で元気に駆け出すもまたしても匂い取り。必死で声をかけなんとか持ってこさせ、ボールを振り回して興味喚起したらようやくやる気になったのか普段通りにレトリーブ出来ました。

              グーの課題はコマンドの実行性と速度のアップ。ワタシのリーダーシップが肝要です。



              JUGEMテーマ:ビーグル
               
              2010.03.13 Saturday

              トレーニング53回目<スクール形式だよ。トライアルで喉ガラガラ>

              0
                先生が主催なさる、スクール形式のトレーニングに参加しました。先月のスクールは悪天候でルーは欠席でしたので、2ヒキ連れての参加は2ヶ月ぶりです。今日は強風でしたが暖かく、参加のわんちゃんも14頭とたくさん。

                <すれ違いの練習>初めてお会いするわんちゃんも居たので、みんなで並んですれ違いの練習。最初は母子の2頭引きでスタートです。他の仔から視線を外したお散歩を目指しているグーですが、母子の2頭引きになるとワタシも2頭を見ないといけないので難度がアップします。それでも、なんとか「ゆっくり」でクリア。ルーのリードを先生にお預けし、今度はグー1頭引きでトライ。先生が「レベルをあげて!」と仰る。普段のお散歩と同じように、視線が他の犬に向きそうになったらしっかりチョークを入れながらなんとかクリア。先生がいらっしゃるスクールで、やっと出来るというレベルですのでまだまだ頑張らないと。

                <吠えが課題の仔同士でのすれ違いの練習>どの仔もグーほどではないのですが、吠え抑制を課題にしているわんちゃんが複数居ましたので横一列に並んでもらい、その仔たちの目の前を通り過ぎる練習。グーは、並んでいるときは脚側停座でアイコンタクト、通り過ぎる役のときは先ほど同様相手を見ない。スクールなら、出来るんですけれどね…

                <トライアル:ボールの置き持来>みんなで競争!トライアルです。ボールの持来は出来るので参加させていただいたら…送り出したとたんに匂い取りに没頭(悲)。普段は生活環境条件から、持来もロングリード着用です。グーの自主性に任せているとはいえやっぱりフリーとロングリード着用では違うのかなぁ〜。また紐付きボールでコツコツ練習しましょう。それにしても、飼い主に対する「欲」醸成はまだまだ。

                <トライアル:ウエイト>「マテ」です。途中で刺激が入ります。その1:目の前に大好きはオヤツが放り出される。その2:先生が「よ〜しコイ!」とフェイントをかける。一番最初の順番だったグー。その2に見事にひっかかりました。グーというより飼い主がポカンとしてしまってあっさり終了〜〜〜。その後はみんなで一列に並んで耐久戦。オヤツ、先生のコイ、先生が後ろを通る、まではクリア出来たのですが飼い主が背を向ける最終刺激で母子ともに脱落〜目の前をオヤツを食べに行ってしまいました。あーあ。

                <トライアル:カム>「コイ」です。呼び戻すワタシと犬との間にオヤツ入りのボウルが2つ。グー、またしても全て完食かつ匂い取りの旅へ…最悪…。ルーはボウルに頭を突っ込むもののワタシの狂気迫る呼びに負け、トボトボながら来ました。偉いぞ〜〜

                トライアルは、普段の犬との関係性がばっちり露呈します。グーの飼い主欲はまだまだです。吠え抑制とともに大きな課題です。「待てぇぇ〜〜〜!!」と「来いっつ〜〜〜!!」を叫びすぎて(2頭参加なのでみなさんの倍、イヤ出来が悪いので5倍くらい叫んだ)喉がガラガラになりました。

                JUGEMテーマ:ビーグル
                 
                2010.02.13 Saturday

                トレーニング46回目<スクール形式だよ。悪天候だけど…>

                0
                  先生が主催なさる、スクール形式のトレーニングに参加しました。生憎ヨコハマは、雨〜みぞれ〜雪と変化しながら一日中降り続くという、トレーニングには全く適さないお天気でした。寒がる犬をクルマへ入れたり出したりしなければなりませんし、泥んこびしょ濡れにもなるだろうから拭いてやったりと大変。ひとりで2ヒキは面倒見切れないので、可哀想ですがルーにはお留守番をしてもらいました。

                  悪天候でも驚くほどたくさんのわんちゃんが集まり、初めてご一緒するわんちゃんも居たので久しぶりに、グーの大の苦手なすれ違いの練習が出来ました!同犬種にとても興奮してしまうグー。3歳の♂のビーグルちゃんとすれ違い。お相手の仔もグーも良く我慢出来ました!まぁ、先生もいらっしゃるし〜空気も読んでいますが、ラブラドールの♀ちゃんとも無事すれ違い◎!どの仔もバタバタしたり吠えたりすることなくちゃんと脚側に付いてお利口さんで…あ〜いつもギリギリボーイのグー…

                  一刻も早く吠えの抑制を完璧にしたいです。最近また、この件では落ち込むことが多く、何のために科目の練習をしているのか…いや、科目をやっていなかったらもっともっと酷いことになっているのかもしれませんが、いったいいつまで・・・と思ってしまいます。グーの♂犬としての精神的な成長もありますが、飼い主であるワタシの対応が後手後手になってしまっている。まったく、成長しない飼い主であります。

                  今日教わったこと。待機中のウロウロクンクン。狭い屋根のある場所でみんなで固まっているとき、他のわんちゃんたちは特にコマンドが入っていなくても飼い主さんのそばで、付かず離れず待っているのに…ウロウロクンクンしているのはグーだけ。先日の訓練競技会場でもそうでした。そんなときどうして良いかわからないワタシはついついチョークを入れて「ちょっと〜〜〜!」などと犬にとっては???な対応をしていました。そんなときは何も声をかけずに、リードの端でお尻や背中をパシッと。これの繰り返し。意味の無いチョークや声かけはしないこと。

                  <雨の中、濡れた地面での科目(ちょっとだけ)>停座〜脚側行進〜停座 の流れを少しだけ、お天気のコンディションが悪い中見ていただきました。雨や雪、泥んこのランでも楽しげに遊ぶグー。科目は、どうかな?出だしは、いつもの場所と違うことでヘッドアップに時間がかかり軽くチョークを入れ声掛けもしなければなりませんでしたが、途中から思い出したのかある程度は出来ていました。天候や地面のコンディション変化にはある程度対応出来る仔なのかもしれません(あくまでも、「かも」ですが…)。やっぱり最大の課題は、「他の犬」ですね。

                  JUGEMテーマ:ビーグル
                   
                  Calendar
                    12345
                  6789101112
                  13141516171819
                  20212223242526
                  2728293031  
                  << May 2018 >>
                  PR
                  Goo & Roo
                  Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3)
                  Selected Entries
                  Categories
                  Archives
                  Recent Comment
                  Links
                  Profile
                  Search this site.
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM