2016.12.14 Wednesday

ドキドキの玄関先

0
    他犬が苦手なグー。
    若犬の頃の過剰反応と激しい吠え。
    その修正にはいろんな方法でもってトライしました。
    今思えば大間違いだよね?!ってことも、信じて続けたり。
    今でも他犬は気になる。
    犬に関心持っている間は待ち、視線を戻したら褒める、を繰り返しています。
    ここ1年くらいは、犬を認めると自ら進む方向を変えたり、目前の地面の匂いを嗅いだりして回避する選択が出来るようになりました。もちろんおお褒めします。

     

    ある日の夕方のお散歩。
    母ルーとの2頭引きで近所をお散歩し、日も暮れかかった頃自宅前に帰って来ました。
    玄関先で2頭を待たせて排泄物の処理をするのですが、この、玄関先で犬がヒマな状態というのが、グーとわたしにとって最も難しい時間なのです。
    テリトリーであり母犬も同じ空間に居て、薄暗く飼い主の監視も十分でない。
    そこへ他犬が通りかかるとまずギャン吠え→突進 となります。
    (家の中へまず犬を入れてしまえば良いのでは?とも思いますが、2頭玄関内に入れると、外の犬の気配に興奮したグーが母ルーに転嫁行動する場合もあるのです)

     

    この日はなんと、ご近所で一番苦手なチョコラブが〜〜登場!
    グーと視線が合いました。
    うわっ!!ヤバっ!!!
    と思ったら…
    グー、自らチョコラブから視線を外し、すぅ〜〜〜っと自然に、わたしに視線を戻したのです。
    その瞳はギラギラしておらず、ごく平常心だということを物語っていました。
    足早に通り過ぎる興奮状態のチョコラブさんを振り返ることなく、「無視したよ〜オヤツちょうだい」とわたしを見上げています。

     

     

     

    すごいねえ〜〜!とおお褒めしておやつ大サービス!
    その間ルーといえば、他犬を認めると速攻わたしの足元に来て見上げ、「犬来ましたけど無視してますヨ♪」とアピールします。
    オヤツ狙いですが、それで良いと思っています。
    もちろん、ルーも褒めオヤツ♪
    グーはもう9歳、ルーは12歳だけれど、諦めないで続けて、模索して迷って、でも続けていたことが実を結んでいる。
    飼い主、もう、近所のお散歩嫌じゃないよ。
    シニアになってますます、1回1回のお散歩が大事な時間になって来た今、2頭とひとり、穏やかにお散歩出来てほんとうに幸せです。
    2頭に感謝です。
    ありがとう。
    楽しいお散歩を1回1回積み上げてすっごく楽しい毎日にしよう。

    JUGEMテーマ:ビーグル

    2015.02.09 Monday

    7歳3か月。いろいろあった夕方散歩。

    0

      朝の散歩&自主トレは、運動もかけるので2頭引きだと約2時間。1頭引きでも1時間半くらいかかります。
      この時間の捻出と、体力の維持が今年最大の課題です。 

      …あ、
      これ本題じゃありません。

      朝のロング散歩に対し夕方の散歩は2頭引きでも30分程度、一番近所の公園目指し排泄メインのショートタイムです。寒い冬は、ますます、短時間になる傾向であります。

      今日も、着膨れして2頭を引き、「あ〜〜サブサブ。早く帰ろうね〜〜」と怪しく独り言をつぶやきながら出かけました。

      そんないつもの夕さんぽが、意外と大変な散歩になってしまいました。

      公園を出て、「ちょびっとだけ街中馴致練習して帰ろう」と幹線道路沿いのコースを選び2頭をゆるく脚側させて歩いていると犬好きビーグル好きな60代くらいの女性に遭遇。この方、3度目くらいの出会いなんですけど〜〜犬好きで話し長く、犬を触りたがる、というか、顔を近づけたがるひと。「あちゃ〜」と思いながら、「いやいや。練習だ!」と思い2頭を座らせ長話。「この仔(グー)は警戒心強くて他人様も苦手で、困っているんですよ〜」と。


      「この仔(グー)にオヤツあげていただけませんか」とお願いすると快諾してくださる。問題はそのあと〜〜〜彼女犬に顔を思いっきり近づけて、「可愛い可愛い」を連発。グーの口許がわずかに動き低く唸る準備。「グー、イケナイよ」。もちろんリードは短く持っていました。グー、ニュートラルな表情に戻ることが出来た。冷や汗ものだ…でも、出来たね。こういう機会は滅多にない。賛否あると思いますが今日はやらせよう、やってみようと思った。次回も出来るとは限りません。慎重に、経験を積ませようと思います。


      女性と別れると自宅までは5分くらい。

      自宅の玄関前に、2頭を座らせて排泄物の処理をします。
      実は警戒心の強いグーが、最も警戒する場所がここ。出かける前はピリピリ緊張しているのが伝わって来ます。ライバル♂などが前を通ろうものなら、もう、大変で…



      それが、今日は初めて、この状況で前を通ったライバル♂(興奮して吠えて飼い主を引っ張っていました)を無視出来ました!!!!
      ルーも居たので、グー的にはメスを守らなきゃだし、最高に難しいシチュエーションでした。

      先ほどの女性との長話もあったし、こりゃ、無理だ。ルーを守らないととルーをより遠くへ離し、グーに「リーヴ(無視しなさい)だよ」と声だけはかけた。時間的にこれをやるのが精一杯。でも、絶対にリードをいっぱいに引いて、吠えまくるに違いないと思った。


      グーはいつも吠えまくっていた相手を見ました。相手が通り過ぎるまで見続けていたけれど、耳も動かないし、ただ見ているだけでした。


      褒めまくって、嬉しくて涙が出ました。
      急いで記念に撮ったお写真がこれ。
      ??????どうしたのぉ〜〜???って顔してますね〜〜



      ルーは、今日は11歳の誕生日でした。お利口に空気を読んで行動してくれて、ありがとう。


      2014.06.02 Monday

      パッと見とのギャップ

      0

        このブログを始めた理由は、9か月になった我が家生まれのグーが、私の手に負えずプロ訓練士を頼り躾を始めたので、記録として書き残そうと思ったからでありました。


        吠える・噛む・他犬に対して非常に興奮する、同居犬・飼い主である私への転嫁行動(噛む)、限界距離の狭さ…


        6歳8か月の今、それらの行動はすべて修正出来た。とは残念ながら言えません…各々の問題行動は、現在も、時と場合によって表出してしまいます。


        時と場合とは…私が完璧にグーを観察出来ていないとき、そして、第3者が不意に介入してきたとき、です。


        私が完璧にグーを観察出来ていないときは飼い主である私自身にすべての責任があります。私の落ち度で未だに失敗させてしまうことがあり、大いに落ち込むわけです…


        グーが問題行動に出るときというのは、相手が同じ未去勢の牡であるときはもちろんとても注意すべきなのですが、たとえ相手がヒート中の牝や幼犬、老犬であっても油断出来ません。近づき過ぎ、すなわち限界距離を超えると我慢が出来ないのです。相手が興奮していたり、飼い主が興奮していたり、食べ物やおもちゃなどが介入していたりするとますます限界距離が狭くなります。


        今現在上記の行動は、私がグーを良く観察し距離感をキープ出来れば、スルーすることが出来るようになりました。


        しかし、第3者が介入してしまうと、私がいくら距離を保とうとしても、グーの性質を説明しても、「(ビーグルなのに)お座りして、マテと言えばリードを置いても待っているグー」を見ると、「大丈夫でしょ!」と思ってしまう飼い主さんが多いのです…見た目は、お利口なビーグルに見えてしまうのでしょう。


        状況は様々ですが、「大丈夫」じゃないのです…(右のふくれっ面の仔…)

        私なりに頑張っていろんな方々の協力を得てここまで我慢が出来るようになったグー。パッと見はお利口でも、いろんな事情を抱えています。ドッグランで、初見の犬とお団子になって走り回ったり群れになってオヤツの順番を待ったり出来る仔ではないのです。


        グーの躾はまだまだ。そして、私の処世術と会話力も、もっと磨かないといけません。

        2013.09.18 Wednesday

        「マテ」(緊急停止) 続き。

        0

          そういえば、家の中でもこのときと同じような出来事がありました。

          ルーもグーも家の中に居て、ルーが、何かの気配を感じたのか警戒するように吠えました。
          するとグーが、ルーが何に対して吠えているのか確認もせず、激しく吠えながら一目散にベランダへ飛び出して行き吠え続ける。

          今日の状況と同じです。

          ルーが吠えると連鎖的に吠え、とても興奮して、その興奮がなかなか収まりません。


          <母ルーが吠えると、激しく吠えながら飛び出してゆく>



          「群れの本能」
          グーのように、♀(ルーも昨年まで未避妊、昨年17歳で亡くなったビーは死ぬまで未避妊でした)と暮らす未去勢の♂は、♀のSOS(と、勝手に勘違いしてることもあるでしょうね)をキャッチするや、♀を守る行動を取るそうです。なるほど、それなら今までのグーの様子に全て合点がいきます。


          興奮し敵を確認もせずに突進していってしまう…
          先生も、「止まらないかもと思った」と仰るほどの勢いでした。

          そんなグーを、どんなときでも静止させ呼び戻すにはどうしたらいいのか。
          出来ることとして実践しているのは、「普段大きな声で呼んだり叱ったりしない」。
          グーが「ヤバい!!!!」と思うような声は、昨日のような一大事のとき用にとっておいて、普段は使わないようにします。ですから普段のちょっとしたマテはなるべくサイレントで…コイ、も普段は「オイデ」などを使います。もちろん、従わなかったらピシッと短く注意します。

          「コマンドを出したら絶対に実行させる」
          マテ、もですがその他のコマンドも一度口にしたら絶対に実行させます。従わなくても良い、という選択肢は無いのです。

          地道にこれらを励行していても、今日のような状態になるとマテないのです。

          マテるようになるためには、より多くの(今日のような)経験を積むことと、私とグーとの関係をもっと深いものにするしかないでしょう。

          しかし今日のようなことは普段はもちろん回避しますし、図らずも経験出来たとして第3者に迷惑をかけるだけ。

          さて、困りました…でも、諦めたくない。修正したいです。

          まずは家の中で何かを察知して吠えて駆け出しでゆくのを、止めること。
          それには母ルーが吠える行動を予測し、グーが飛び出してゆく前に声をかけることが出来るかどうかです。
          しばらくは緊張した生活が続きそうです。

          2013.09.18 Wednesday

          「マテ」(緊急停止)

          0
            久しぶりのくんれんにっき更新です。

            グーの、以前からあった問題行動なのですが、他にもいろいろとあった問題行動が少しづつ克服出来てきたことによって、ますますクローズアップされて来ました。

            それは、とっても大事な「マテ」です。

            トレーニングを積むことによって、「マテ」は格段に出来るようになって来ました。

            朝起きて、2階の寝室から1階のリビングに降りるとき、階段の上で、「マテ」
            お散歩に行く前、玄関でリードを付けてもらうとき。
            お散歩中、ウンチを片付けているとき。
            母ルーの、ウンチを片付けているとき。
            母ルーの、トレーニングの最中。
            お散歩中、クンクン匂い嗅いでいるとき、ふいに、「マテ」をかけて静止する練習。
            他の犬が近づいたとき。これは、出来るようになるまでも相当な時間を要しました。
            お散歩帰り、玄関で、マテ。お風呂場から呼ばれるまで待ちます。
            ご飯の支度をしているとき、ドア開いたクレートの中で「マテ」

            しょっちゅう、マテ、って言われている。
            そして、ほぼ、出来る。
            出来なきゃ、出来るまでやる。

            訓練が進むにつれ、私自身ドキドキしながらも屋外での、ノーリードでのマテも取り入れています。

            どんな状況であってもマテと言われれば絶対に静止する。
            コイと言われれば絶対に来る。

            グーにとっては訓練競技なんかよりも難しく、最大の課題であり目標です。
            私は、これが出来るようになるために競技も含めここに書き綴ったいろんなことをやっているんだと、はっきり言えます。


            今日は広い訓練グランドで、お仲間と一緒に競技の科目トレーニングでした。

            トレーニングするグーから離れること50Mの位置にクルマを停め、先にトレーニング終了したルーを待機させていました。

            クルマのリアドアも、左右のドアも開放。ルーにも「クルマから勝手に降りちゃいけない」を、長年かけて教えました。



            グーのトレーニングをしている50M先で、ルーが車内で吠えた!(ルーは、ビーグルにしては比較的吠えなく、犬や人が現れてもやり過ごすことが出来るタイプです)

            参考までにー
            この、犬が居る位置にルーが乗ったクルマが停車していて、遠くに見えるススキの穂あたりで、グーがトレーニングをしてました。



            見慣れぬ農作業服の男女が、会話しながら突然現れたのです。
            周りに居たお仲間の仔たちも、吠えたそうです。

            すると、トレーニング中しかも目の前に怖い怖いセンセイが居るというのに、グーがその男女に向かって吠えながら突進!

            私は、腹の底から絞り出した声で、「マテ」!!!と叫びました。
            でも、グーは止まりませんでした。

            男性たるセンセイの、かなりドスの利いた「マテ」で、静止。

            私のマテは、効かなかった。

            続きます…

             
            2012.07.03 Tuesday

            困ったルー…

            0
              さて、先月22日に避妊とヘルニア、あと2か所の切除手術をした8歳5ヶ月のルー(♀)です。

              手術も入院も初めての経験で相当なストレスをかけましたので甘やかしました…

              グーのトレーニング中すぐ後方で待機(係留してました)させていたのですが、鳴く。鼻鳴きがだんだんと大きくなります。

              実はこの傾向は大分前から表出していて、自主トレのときも出ていました。
              しかし、ルーが鳴いているときはグーのトレーニングをしているわけで、トレーニングの切れ間やルーの鳴き声が煩くてワタシがキレて叱りに行く、という状態でした。

              先生には鳴き始めをすぐに注意しないと意味が無い、と改めて指導いただきグーのトレーニング中先生に指示をしていただいたところすぐに改善傾向が現れました。

              ルーは「鳴いてはいけない」ということは分かっています。

              しばらくの間曖昧にして放置したせいで出来ていたことも出来なくしてしまいました。

              ルーの鼻鳴きはお友達との合同レッスンがあれば、協力をお願いしたいけどひとりで修正するなら科目自主トレの片手間では無理なので、1対1で修正に挑みたいと思います。

              それにしてもワタシは犬が吠える、鳴く、は徹底的にイヤな人間ですー(普通かぁ)





              JUGEMテーマ:ビーグル
               
              2012.04.29 Sunday

              最近のグーと想い出の公園

              0
                訓練競技会の前のトレーニングのエントリで更新ストップしてます!スミマセン。
                実は競技会は母子2頭とも撃沈、ポイントゲットという目標は達成できませんでした。特にグーは酷い出来栄えで意気消沈。問題点の追及もし今後の対策を考えています。まだ諦めません!そしてちゃんと記録しますので、後日、当日の日付でアップします。

                …さて最近のグーについてです。

                ここのところ同居犬(ビー、♀、16歳)の通院や、母ルーがヒートになってしまい一緒に留守番させられないためワタシに同伴してのお出かけが増えています。そんな中顕著な成長点が見られましたので記録します。決して、競技会で撃沈した悔し紛れではありません。いや、ちょっと、そうかな…競技会の失敗とも繋がっている出来事だと思います。

                その1
                雨の日、ビーの通っている大学病院へ同伴して、診察の前の小一時間病院周辺をルーとの2頭引きでお散歩しました。ちょうど雨の止み間で周辺のお宅のわんちゃんがぞくぞくとお散歩に出て来たようです。初めての場所、母ルーとの2頭引きというグーにとっては吠えてしまいやすい条件が揃っています。距離感がギリギリでのすれ違いもあり興奮してしまった相手も居ましたがオールクリア!

                その2
                これまた雨の日、私のリハビリに母子2頭を同伴しました。場所は日産スタジアムの中にある病院です。リハビリの前に日産スタジアムをお散歩&科目トレーニング。13時過ぎという時間帯なので他のわんちゃんもあまり居ず。ただ、科目トレーニングをした場所ではスケートボードの練習をする若者グループがかなり盛り上がっていて練習していて音が響き騒々しい。そんな中でも素晴らしい集中ぶりでした。これが本番で出来るようにならないといけませんね。2頭引きだとお散歩中の脚側練習は出来ないので他に出来ることを探しています。

                あ、ここまでは余談でリハビリが済んでお留守番していた母子を排泄にちょっと出して帰ろうとクルマに繋いで順番に足を拭いていました。夕方になっていたのでぼちぼちお散歩の犬が増えて来ていたようで、クルマの陰からグーのお尻を嗅ぐようにして突然現れたボーダーコリー!グー、家の前やクルマの周辺などいわゆる「縄張り」の中ではより一層吠えが我慢できなくなります。ああ、もうダメだ吠える!と思ったのでクルマに繋がったままのリードをグイッと引きました。「ダメよ!」と言おうとしたとたん、あれ?グー、吠えない。ワタシの顔を一生懸命見つめています。興奮しているのはボーダーちゃんのほう。

                こんなシュチュエーションで吠えなかったのは生まれて初めてです。大いに褒めてあげました。ちょっとうれし涙が出た。

                その3
                理由は別途書きますが、今日は獣医さんへ行きました。まだ若く怪我や病気もしないので獣医さんへは年に1度のワクチンとフィラリアの検査くらいしか行ったことがなく慣れていません。待合室では他の患者ワンに吠えてしまうのが定番のグー。興奮はしていましたが吠えないで診察しお会計も済ますことが出来ました!



                帰路「蒔田公園」」へ寄ってお散歩しました。この公園は吠えに悩みに悩んでいたころ、先生にレッスンしていただいた(2009年8月)公園です。そしてその修正の一助として訓練競技をやってみようと決心した場所でもあります。あれから3年。久しぶりに来ました。そして、吠えないでお散歩出来ました。このお写真撮っているときもすぐ近くでミニダーとヨーキーがワンワン吠えていたけれど無視出来ました。犬にとっての3年は人間で言えば10年くらい?出来るようになって当たり前かな。でも、嬉しいよ、グー。これからももっと上手にお散歩出来るように一緒に頑張ろう。




                JUGEMテーマ:ビーグル
                 
                2012.03.23 Friday

                ビクビクしないでお散歩出来る幸せ

                0
                  科目トレーニングのエントリばかりになってしまっている最近ですが、科目を始めたのも吠え抑制の一助になればと思ったことがきっかけで、それは今でも変わっていなく、一番の願いはグーをどこへでも連れ歩けるビーグルにすることです。トレチャンだとかグラチャンだとかを目指すことは、ステップではあるけど、目標ではありません。ある意味ワタシの我儘と言えるでしょう。

                  で、最近のグーの吠えです。
                  ルーとの2頭引きでも、ほぼ100%吠えるのを我慢出来ています。相手によっては存在を確認しても無視する(見ないですれ違う)ことも出来ます。苦手な相手だとすれ違い直前までガン見してしまいますが、ワタシの左側を歩くことは守りますしパスするとワタシにアイコンタクトして来ます。今取り組んでいるのは苦手な犬でも無視出来るようになることと、吠えないでパス出来たときのご褒美をどんどん減らすこと、脚側行進か脚側停座でパス出来るようになること。

                  先生に習ったことで一番役だっているのは「リードを持つ飼い主が平常心で居ること」。グー4歳まで育てて、漸く理解出来て来ました。遅いな。

                  おどおど、ビクビクしないでお散歩出来る幸せを実感しています。川沿いの狭い遊歩道も、2頭引きでお散歩出来るようになり、桜の季節が楽しみです。たくさんの人、わんちゃんの通る遊歩道を上手にお散歩してみたい。昨年はとても勇気がありませんでしたが、今年は挑戦してみたいと思います。




                  JUGEMテーマ:ビーグル
                   
                  2011.12.08 Thursday

                  最近のグーの吠え

                  0
                    吠えについての現状です。

                    7月に同テーマで書いた記事の、吠えの我慢の限界値は以下でした。


                    ◎狭い歩道でのすれ違い
                    ◎相手が近づいて(近づけて)来たとき
                    ◎以前からのタマ付きオス同士の天敵わんちゃん
                    ◎知らない男性に上から声をかけられたりなでられたりすること(オヤツは貰える)


                    上記は相変わらず苦手なのですがクリア出来るときもあり、それがだんだん増えて来ました。

                    通常のすれ違いなら、ほぼ問題なくパスすることが出来てきましたし、ルーとの2頭引き時でも1頭引きのときと同程度のテンション&落ち着きでお散歩出来ています。

                    トレーニングの成果なのか、月齢が上がって来てグー自身がオトナになったということなのかは定かではありませんが、♀の仔や5歳を過ぎても吠えている仔は吠えているのでここは一応、トレーニングの成果ということにしたいです。

                    苦手の相手で興奮しても、アイコンタクトの戻りと脚側停座に付くスピードがアップして来ました。
                    「吠えなかったでしょ!オイラ!」みたいなキャプションをつけたくなるような、鼻の穴を膨らませた態度で停座に入って来ます。大いに褒めて時にはご褒美を出します。

                    ワタシが油断するとまた吠えだすのが常なのですが、今回はどうでしょう??

                    散歩時だけではなく家のなかでの吠えはもちろん唸りも一切禁止です。
                    外を見慣れないなにかが通ったからとごく軽く「ワン!」と吠えるのもきつく叱っています。その代わり?コマンドで吠える「吠えろ」の練習はしていて、だんだん良く声が出るようになって来ましたし「ヤメ」で止まることを覚えたようです。

                    「吠えろ」の練習をしようよ!みたいな態度でデスクワークをしているワタシの足元に来てほっぺたを膨らませているのが面白いです。やっぱり吠えるのが元来好きなんでしょうね…あまり練習し過ぎないように注意をしています。

                    視力や聴力が不自由な老犬ビーが不用意に近づいて来ても積極的に無視するようにようやくなりました。まぁ、この件では特別きつく叱りを入れましたので当然かとも思います。

                    毎朝会う、甲高く吠える若いチワワの3頭引きも、完全無視出来るようになりました!飼い主さんが吠えてるのをまったく静止しようとしないので、良い練習になっています。

                    初めて会う仔や未去勢同士、ピットブルちゃんも興奮しないで無視出来るように頑張ろう!&決してワタシが気を抜かないこと。

                    科目が出来るようになるのも嬉しいけれど、吠えないで楽しくお散歩出来ることが何よりで、犬との生活が楽しくなるなぁ〜と実感しています。



                    まだ2歳だったころ1度だけ仲良く遊べたディンくんに再会しました。
                    お相手によっては、グーでも上手に遊べるんだなぁとちょっと驚きました。
                    ディンくんの飼い主さんには、本当に感謝です。



                    JUGEMテーマ:ビーグル
                     
                    2011.07.24 Sunday

                    最近のグーの吠え

                    0
                      科目トレーニングのエントリばっかりでスミマセン。
                      今一度確認。
                      科目トレーニングや競技会への出陳の目的は、グーのワタシへの服従心を養うとともにワタシがグーをコントロールする方法や気持ちの持ちようを習得するため。そしてグーの最大の欠点である、他の犬への吠え(攻撃も…)を修正すること。

                      10月に4歳になるグーが、7か月くらいのときから悩みに悩んでいる吠えと他の犬(同居犬含む)への攻撃。

                      5月24日の先生のレッスンで、グーの吠えに対するワタシの対処を変え、約2か月継続したところ少しですが良い傾向が見られます。

                      一番気を付けているのは、ワタシがどぎまぎせず平静を保つこと。フレキシリードもフリーの状態です。
                      グーは、相変わらず相手によってはパフパフと興奮しますが、ワタシの左側をキープし続けていられますし、「ツイテ」のコマンドで脚側停座出来る率もアップして来ました。以前はぐいぐいお尻を押さないと興奮していて座ることも出来ませんでしたから。


                      相手をガン見して興奮しても、アイコンタクトの戻りがだんだん早くなって来たのは実感しています。
                      とにかく吠えないですれ違えれば褒めます。

                      ただ、まだ吠えに行ってしまうことはあります。そういうときは以前に増してこっぴどく、かつ、手を変え品を変え、グーが恐怖で震えるほどガッツリ叱ります。そのためのグッズも、あれこれと持ち歩いています。ああ。また虐待飼い主と言われてしまいそうですが…それでも、叱る機会も以前に比べれば随分と減りました。

                      もちろん出来ない、我慢出来ない限界値はまだまだ。

                      ◎狭い歩道でのすれ違い
                      ◎相手が近づいて(近づけて)来たとき
                      ◎以前からのタマ付きオス同士の天敵わんちゃん
                      ◎知らない男性に上から声をかけられたりなでられたりすること(オヤツは貰える)

                      少しですが前進出来ている感覚はあります。
                      科目トレーニングも、とても役に立っていると思えます。



                      とてつもなく亀さんな歩みですし、いろんな人に迷惑かけているけど、これからも頑張ろう。


                      JUGEMテーマ:ビーグル
                       
                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      PR
                      Goo & Roo
                      Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3)
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM