2019.05.31 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.03.07 Sunday

    トレーニング51回目<お散歩トレーニング>

    0
      昨日に引き続き、吠え抑制を目標にしたお散歩トレーニングです。ワタシは危機感アリアリ!グーの月齢(2歳5ヶ月)からしても♂犬としてのピークに差し掛かっています。しかもその<未去勢>ビーグル犬を、訓練競技会に出そうとしている。吠えが収まれば全て解決するというわけでは決してありませんが、グーの将来のために気合を入れるべき時期!と認識しています。

      今日は時間帯がドンピシャで、たくさんのお散歩わんちゃんに出会うことが出来ました。

      「無視する」。グーが今一番興味のある<初めて会う犬>。これを無視するということは彼にとってかなり難しいことです。もちろんワタシにとっても…今までは相手を見据えていても、吠えなければOKのお散歩をしていました。確かにガマン出来ることも多くなって来ましたが、ご近所の特定の犬にはどうしても吠えてしまうのが現状。「相手を見てはいけない=無視する」ことを徹底することに決めました。

      グーが向こうから来る相手の犬に気付いたら顎の下までチョークチェーンを移動させて、「無視する」行動を促すサインを出します。それでも視線を外せないでいたら、容赦なくチョークを入れます。それでも見ようとしたら再度。容赦なく、です。

      吠えの抑制トレーニングを開始した1歳になるかならないかの頃、チョークを入れるのが本当に辛かった。今日も、本当に辛いです。だってね、グーは相手のことは見ているけど「吠えてはいない」。チョークが入って飛ばされながら「何で??オレ吠えてないよ〜!」と訴えているように見えました。でもね、君は気に入らない相手にはガマンが出来ないでしょう?だから、相手を見てはいけない。犬が来たら飼い主を見なさい。

      これを繰り返しながら歩いていたら、ときどきですが犬が来たら自分から視線を外しワタシにアイコンタクトすることもありました。自主的にこれが出来たら、褒めてやります。チョークで合図を入れたり、「イケナイ」などど言葉をかけたときは、アイコンタクトしてきても褒めない。

      また、すれ違いのときは意識して歩調を遅くします。歩調が遅くなる=犬とすれ違う=相手を見ないで飼い主を見る、と関連付けをして、グーに意識をさせます。今までは吠えさせまいとしてワタシが早歩きになり、相手を見るグーの視線を遮るためグーの前に出てしまっていましたが、逆にゆっくり、思い切って相手を見せるように歩く。見てしまったらしっかり叱る。こうして一刻でも早く、「無視する」ことを覚えて欲しいです。

      科目トレーニングで練習している「ヒール」コマンド(脚側行進)も、普段の散歩に取り入れても良い時期とのことで、組み合わせてみようと思います。お散歩中も「ヒール」が確実に出来れば、相手の犬は見られませんから吠えることもないでしょうし、人混みやショッピングモールも迷惑をかけずに歩けそうです。

      さて、今日は科目トレーニングも少しだけ見ていただきました。屋内、薄暗い、コンクリート、声が響く、など今までの練習場所とはまるで違う環境で、どの程度出来るか?を確認するためです。脚側行進は、ときどき鼻が前を向いてしまいます。また、ワタシがそれを修正するのが遅すぎる…鼻が下がろうとする瞬間にチョークで合図しないと犬はわかりません。課題です。愕然としたのは<招呼>であります。「マテ」の姿勢は多少良くなってきたものの…呼んだら…真っ直ぐに来ました!お鼻をずうっと地面にくっ付けたまま…

      まるで掃除機がゴミを吸いながらこちらへ向かってくるかのように。こんなことは初めてです。ショックでした〜〜〜やはり初めての場所だからでしょうか。先生には「初めての競技会でもコレやると思っておいて」と<心の準備>をしておくように言われました。ショックだったけれど経験しておいて良かった…か?

      ※この内容はあくまでも私が教わっている先生および私自身の考えや経験に基づいて実行しています。異なる考え方や方法も多数あると思います。この点ご理解いただけますようお願いいたします。




      JUGEMテーマ:ビーグル
       
      2010.03.06 Saturday

      トレーニング50回目<お散歩トレーニング>

      0
        記念すべき(いや、反省すべきだろう…)50回目のトレーニングは、なかなか良くならない他の犬への吠えの現状を見ていただくお散歩トレーニングです。一日中雨予報でしたので、雨でもお散歩が出来る屋根付きの競技場で、たくさんのわんちゃんに出会おうという目論見です。

        お散歩コースは競技場の周囲をぐるり一周。かなり距離があります。ルーとの2頭引きで張り切って出発!でも…あれ??わんさか居るはずのわんちゃんが、居ない…ちょっと時間を読み間違えたようです。

        それでも何頭かのわんちゃんには会うことが出来、現状の問題点を指摘していただくことが出来ました。

        相手の犬にグーが気付いたとき、いち早くチョークで合図をして「無視する」ことを意識させます。グーの今後目指すべきは「吠えない」のは当然ながら「相手を無視する」こと。そのためには相手に注目させてはいけません。今までは相手を見続けることが吠えのキッカケになるのがわかっていながら、「吠えるのは我慢出来ているからまぁいいか…」と許可してしまっていました。

        また、すれ違いが出来たとしても後方へ移動した相手の匂いを取ろうと、ワタシの前へ回り込むような体勢になるグー。それを、ワタシが自分の身体で遮ろうと、グーと一緒になって早歩きをしてしまっている。気付かなかったけれど、指摘されてハッとなりました。

        明日も一日雨予報。今日教えていただいたことを実践するため、明日はお散歩ラッシュの時間帯に訪れることにします。

        ※この内容はあくまでも私が教わっている先生および私自身の考えや経験に基づいて実行しています。異なる考え方や方法も多数あると思います。この点ご理解いただけますようお願いいたします。


        JUGEMテーマ:ビーグル
         
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>
        PR
        Goo & Roo & Lulu
        Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM