<< トレーニング60回目<科目トレーニング>そして不服従 | main | トレーニング61回目<パブリックトレーニング> >>
2010.04.27 Tuesday

何度目かの思い切り

0
    グーの吠えをメインにした問題行動の修正についてココにいろいろと書き綴って来ました。書いていることはオブラートに包まず文章にしているつもりです。そして、一部の方から「やりすぎでは」、「他に方法があるのでは」とご批判もいただいています。

    実は、ワタシもそう思うことがあるのです。ワタシは犬が好きで好きでたまりませんし子供のころから家の中に犬が居る環境で育ちました。何頭もの犬を飼い見送りましたが「悪い仔で困った」という経験も印象も持ったことがありません。犬たちの躾は父がやっておりワタシや妹が成長してからは散歩などはしておりましたがグーのように吠えるだの喧嘩ごしな態度だの唸ってみたりだのということをする仔は記憶にありません。

    確かに、去勢していないオスは飼ったことがないですし多頭飼いもしたことはありません。この前提条件もハードルになっていることも確かです。

    当時は犬ヅレでいけるカフェもドッグランも宿泊出来る施設も無い。散歩以外の、パブリックな場面に遭遇することはありませんでしたからそういった点も現在とは大きく異なります。


    グーは意図的に自家繁殖した仔。その仔が飼い主や母犬、先住犬に唸り歯を剥き、他の犬に出会えば吠えときには噛み、家の中でも唸る。真冬の寒空で数時間係留されても、数日経てばまた唸っている仔です。それをなんとかしたい。皆に良い仔ね、とは言われなくとも迷惑をかけない犬にしたいのです。

    かと言って
    ワタシはグーが憎いわけでも嫌いなわけでもありません。グーも、不思議なことにワタシが好きらしく家のなかでは24時間後追いばかりしています。グーには感謝してるとまでは言えませんが、犬というものを深く理解する動機を与えてもらいました。本当はベタベタに可愛がり毎晩抱いて寝てやりたい。犬の寿命は短いのです。だからこそ早く、悪い仔ではなく普通の仔になって欲しい。

    吠えの修正で壁に当たるたびに傍で見ている人が眉をしかめるような対応をしてきました。しかしそれが中途半端なせいで、下のエントリーのようにいろいろなところに悪い影響が出ています。先生にも再三「リーダーシップを取らないとダメ」と言われているのに。

    狼少年と言われるかもしれませんが今度こそなんとかしたい。


    <続きます>

    JUGEMテーマ:ビーグル
     
    2020.01.16 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      PR
      Goo & Roo & Lulu
      Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM