<< トレーニング63回目<パブリックトレーニング> | main | トレーニング65回目<スクール形式だよ。その2:ルーの科目トレーニング> >>
2010.05.15 Saturday

トレーニング65回目<スクール形式だよ。その1:グーの科目トレーニング>

0
    今日の早朝の合同トレーニングは、スクールトレーニング前に集合して行いました。ご一緒したのはにこちゃん。ルーも同伴しました。

    <脚側行進 紐付き/紐無し>前回のトレーニングのときからモチベーターをボールに変更して、グーの意欲コントロールに挑戦していますが、自主トレでは、ワタシのモチベーターの使い方が悪いのかボールは大好きなのに上手く意欲が引き出せず悩んでおりました。ですのでココ2、3日はボールを使っていませんでした。今日はボールとオヤツを併用しバリエーションを持たせ、再度ボールの使い方も教えていただきました。

    往路の右コーナーでは、ボールをグーの鼻先に出し追わせながらコーナーを1周。進行方向よりもやや回り込みをオーバーにした方向へボールを投げます。こうすることで右回りの追随が意欲的かつクイックに。ときには1周回らずにいきなり投げても可。対応にバリエーションを持たせ意欲を引き出す。今のグーの全体的な意欲の程度は、速歩への移行の出だしでどの程度推進力があるかで判断出来るような気がしています。今日は、まぁまぁ。

    ボールは、報酬として犬が思わぬシーンで投げてやる以外にも、意図する方向へ投げたり目の前で移動させることは方向性と推進力を意識させるのに有効だと感じました。上手に使えるように練習します。また、ワタシ自身の動きですがコーナーで焦り大またになる傾向が直りません。意識してゆっくり曲がり犬の追随を妨げないこと。

    <招呼>「スワレ」のコマンドとワタシの足での誘導をしましたがややナナメに。オヤツを出し少し下がって再度正面へ誘導。このときもきちんと座った状態を維持する。オヤツの出し方に注意。

    <行進中の作業>特に苦手な伏臥を中心に練習しました。現在はボールで誘導したりリードと体符でやってみたりと試行錯誤しています。今日はオヤツでの誘導と左手で軽くお尻を押して指示することを併用する方法を教えていただきました。お尻を後方へ軽く押してやることで素早い行動と前脚を動かさず伏せる正しい姿勢を意識させることが出来ます。実際先生との練習では、今までの速度よりも数段早く伏せることが出来ていましたので練習あるのみ!

    <遠隔の科目の練習>立止→伏臥はオヤツを鼻先に出し誘導すれば、犬の骨格上お尻を後方へ引いて伏せせざるを得ない。伏臥→立止はまだ動き自体を理解出来ていないので練習。



    グーの場合ボールを多用するあるいは使い方を間違うと遊びモードが強くなり終いには不服従となり勝ちですし修正ばかりしているとテンションが極端に下がってしまいます。指導手であるワタシ側の手数を多くし、意欲と正しい結果を導き出せるよう(難しいです!)練習します。




    JUGEMテーマ:ビーグル
     
    2020.01.16 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      PR
      Goo & Roo & Lulu
      Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM