<< トレーニング85回目<科目トレーニング> | main | トレーニング86回目<科目トレーニング> >>
2010.08.04 Wednesday

普段のお散歩

0
    不服従〆期間中と書きました。

    グーの不服従は一定期間を置いて巡って来ます。
    なぜ波があるか??
    それはワタシのグーに対する態度が甘くなったり厳しくなったりするからであります!

    しかしこれは、不服従が顕著に現れたり、先生や周囲に指摘されたりするまで正直気付けません…
    だって、ワタシは、グーに対して常にフラットに対応している「つもり」なので。

    可愛がるために飼っている犬です。
    そしてワタシも♀なので母性本能ってヤツも備わっているのか?やたらに撫で回したり抱きしめたり褒めまくったりしたくなるときがある。
    柔らかくて温かくて頼り切って来る(要求ばかりとも言う)愛犬を、可愛いと思うのは飼い主の本能でありましょう。

    ビーやルーには、上記のような態度で接して来ました(留守番が極端に多かったけれど…)。
    疑問や悩みも感じることなく。

    ですからグー育てには本当に本当に苦労しています。

    で、お散歩です。
    〆ると言っても家の中で纏わり付いて来るグーを引き離したり、必要以上に声をかけない、目を合わさないといった対応がメインです。
    お散歩中も同様です。
    信号待ちなどで脚側停座させ出来たときは褒めるかご褒美。グーの顔が輝きます。
    ポイントポイントで、「ゆっくり」や脚側行進もしてみます。
    出来たら褒める。褒められることの嬉しさを、グーには分かって欲しい。分かっていると思います。

    その後解放しても匂い取りの頻度は落ちワタシに注目しているのがわかります。
    吠えにしても、相手の犬を見て興奮しても、名前を呼ぶとこちらにアイコンタクトしてくる頻度がぐっと増えました。
    ルーに対する転嫁行動も無いので、ルーの精神状態も安定しているように見えます。

    〆は良いことづくめです。でも、ワタシはとても気が張るし疲れます。しかし、今のグーにはどうしても必要なことです。
    競技会で良い成績を出すためではなく、同居犬の心の平穏のために。

    いつか、ワタシが意識して〆なくとも、常にワタシを意識して行動する犬になって欲しいです。
    そのためのいろいろいろな方法も先生に教わりました。
    なかなか上手に実践出来ませんが、出来るようになるときが来るはず。
    グーが老犬と言われる年齢にならないと無理かなぁ〜
    でも、近づけるように頑張ろう。





    JUGEMテーマ:ビーグル
     
    2020.01.16 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      PR
      Goo & Roo & Lulu
      Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM