<< 脚側停座 | main | 夏の夜サンポ >>
2019.05.31 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.08.25 Wednesday

    トレーニング91回目<科目トレーニング>

    0
      今日も早朝の合同トレーニングです。ご一緒したのはジョイアちゃん、おりべちゃん、プーちゃん、クイールちゃん。ルーも同伴しました。
      ドッグラン横のグランドにて。朝5時半スタート。

      <脚側行進>グーの前にトレーニングを受けていたボーダーコリーのおりべちゃん。まるで磁石でくっついているかのような、とっても綺麗な脚側行進!それでも、おりべちゃんがちょっと離れたり前方に意識が向いたりすると指導主たる飼い主さんは犬の名を呼び引き戻してやり直し。小さな乱れも見逃さずダメ出しをなさる。ワタシも先生にいつも言われていた。「例外ない対応」これなのだ。

      グーが真っ直ぐ前方を見る。でも次のタイミングでヘッドアップする。まぁいいか…上向いているし。これがいけないのだ。真っ直ぐ前を見てしまった時点で引き戻して、「ダメ」ということを伝えないといけない。

      自主トレでは、暑いせいもあって一通り流してしまおうという意識が働いてしまいます。が、最近のトレーニングで(ようやく)脚側行進と脚側停座がきちんと指導手を意識して出来ていれば、他の科目も出来る確率が高くなることが実感出来ました。ですから暑くて大変なときは、これらを抽出してポイントトレーニングしても良いのですね。

      <脚側停座>位置に関しては、普段のお散歩や家の中でも意識して前へ出るようにやらせているので、少しづつですが良くなっているようです。コマンドが出ている最中は常に指導手を意識する練習も励行中。

      <招呼>正面停座は大分安定してきました。トレーニングのときだけでなく普段のお散歩時や遊びのとき、家のベランダから呼び戻すときなども正面停座。「コイ」=正面停座が漸く理解出来たのか…時間がかかりました。

      <行進中の作業>どうも伏臥が強くなっているようです。バランスを意識して練習しているつもりなのですが…停座のときのワタシの視符が早まりすぎ。「スワレ」の「レ」を忘れないこと。反応速度は少しづつ速くなっているようです。

      <遠隔>停座からの伏臥は出来たのですが立止からの停座で、立った状態での待ち時間を長く取ったら、二度目に離れる途中で座ってしまいました。遠隔は・・・グーが勝手に判断して行動してしまう可能性がとても大きいので怖いです。据座も含めて3つの科目を混乱させないようにしないとなりませんがどうすれば良いのか??





      JUGEMテーマ:ビーグル
       
      2019.05.31 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>
        PR
        Goo & Roo & Lulu
        Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM