<< 10月18日の科目トレーニング | main | 10月21日の科目トレーニング >>
2010.10.20 Wednesday

フレキシリード

0
    ごく最近の母子の散歩で挑戦してみていること。

    「フレキシリード」での歩き散歩。です。

    フレキシは良く使うワタシですが、老犬ビー以外は歩きのときは使いません。公園など広い場所に限って、普通のリードから付け替えて使っています。

    ときどき、歩き散歩でフレキシを使っている飼い主さんが居て、曲がり角で突然犬だけが現れ、後から飼い主がくっ付いてくることがあります。鉢合わせになればグーはガン吠え。出会い頭の事故のようなものです。それでワタシが吠えているグーを叱っていると「可哀想なので叱らないであげて」とその飼い主さんに言われ、キレそうになったことがあります!

    話がそれました。

    1頭引きでも2頭引きでも、もっとタイトに散歩したいと思っています。すなわち、解放時も「ゆっくり」のときもリードの範囲(範囲は、リードをどの程度ゆるめるかで変わります)で歩いてほしいという意味。

    ルーはハーフチョーク、グーはフルチョークを着けていますので、リードが張れば分かるはずですが、2頭引き時、散歩の出だし、大の排泄前、気になる匂いを取ったとき…引っ張るのです。「ゆっくり」コマンドを出せば実行は出来ますが、リードは微妙に張ったまま。

    最近、ワタシ的にこの「微妙に張ったまま」が、どうにも許せなくなって来ました。

    かと言って、ずううっと「ゆっくり」ではワタシも犬もつまらないし、ビーグルなので匂いも嗅がせてやりたい。

    「リードを張らない」課題については、別途あれこれ試しつつ、歩き散歩でもフレキシを取り入れてみました。ワタシはワタシのペースで歩き、母子は匂いを取って立ち止まる。少し距離が開くけれど、犬は自分の用が済んだらヒールポジションに復帰。夢中になって「コイ」と呼ばれたら匂い取りをやめヒールポジションに。

    絶対無理だな!と思いましたが、散歩の帰路なら意外と良く出来ます。往路、大排泄前は無理です。他の犬への対応(グーの場合)も、出来不出来はともかく1頭引きならリードのときと同じ対処が出来ます。

    母子自身も、フレキシの自由度は好きなはず。ワタシ的にも自由なお散歩がしたいですから、また先生に相談しながらステップアップ出来れば良いな。




    JUGEMテーマ:ビーグル
     
    2020.01.16 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      PR
      Goo & Roo & Lulu
      Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM