<< 首輪 | main | 更新が滞っております >>
2008.11.10 Monday

トレーニング9回目

0
    今回も前回と同様、ルアー役のルーを先生が引いての2頭引きです。首輪はフルチョークを使用しました。前回あまりわんちゃんに出会えなかったのでコースを変え、川が流れる遊歩道へ。ココは人気のお散歩スポットなのですが比較的道幅が狭く吠える犬にとっては行き違いはかなり高いハードルです。トレーニングを始める前はとてもとても近寄れない場所でした。緊張してGO!でも、あれれ〜〜〜?意外と居ない、お散歩わんちゃん。。。グーは強運の持ち主ですねー!

    来ました!柴ちゃんっぽいミックスのコ。初めて会うわんちゃんです。性別は不明。遠くに確認した段階でいつものように「いけないよ。いけないよ」とイエローカードを出します。チョークにも軽くショックを入れる。グー、吠えるのを我慢している証拠に「パフッ、パフッ」と息が荒くなり相手の犬を凝視します。結局吠えずに行き違いに成功。初めて出会うわんちゃんに対してはこの程度が現在のところ限界です。

    ここで先生から指導。
    「パフパフ言っている状態はとても微妙で、気を許すとすぐに吠えてしまう。イエローカードを出しても意識はほぼ100%相手の犬に向きっぱなしなのは直さないとこれ以上良い状態にはなりません」そこで、行き違うときの対応を変えることに。イエローカードを出しつつ首にショックを入れる。かつもし吠えてしまった場合首輪を持って持ち上げられ叱られる、のパターンを繰り返しているとグーは「アイツ(相手の犬)のせいでボクがかあちゃんに怒られるんだ!」と相手の犬を恨むようになり吠える危険度が増すということなのだそうです。確かに、吠えてしまって叱るときワタシとはなかなかアイコンタクトせず燃えるような瞳で相手の犬を見よう見ようと目玉だけを動かしています。

    そこで行き違いのときにはイエローカードは出さず脚側をさせてずんずん無言で進み吠えたら吠え止むまで無言でショックを入れ続けるという方法に変更。声をかけないことは甘えん坊のグーにとってはとても不安になのだそうです。続けているとやがて犬に出会うとまずワタシとアイコンタクトして指示を仰ぐようになるとのこと。そうなって初めて「いけないよ」とイエローカードを出す。なるほど!

    さっそく実行します。うまく出来るといいな。(ワタシが。。)
    2020.01.16 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      PR
      Goo & Roo & Lulu
      Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM