<< 12月9日の科目トレーニング<モチベータ―変更> | main | お散歩での変化 >>
2019.05.31 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.12.12 Sunday

    12月12日のお散歩トレーニング<フレキシでのコントロール>

    0
      今朝は甲斐犬のかるびちゃんと合同のお散歩トレーニングです。公園にて7時スタート。

      今日のワタシ的テーマは、「しっかりコントロールしかつ、ラクで楽しいお散歩」。お散歩は、ルーには気分転換して欲しいし、グーにはしっかり運動量も与えてやりたい。と考えるとウチの2頭引きお散歩にはフレキシでコントロールすることは理にかなっているんです。焦らずステップアップしたいです。

      <フレキシでのON(匂い取り禁止モード)>今まではフレキシをロック=ロックする音とチョークが緩むのを合図にON。しかしこうすると、普通のリードで歩くときもそうなんですがテープが絡んでワタシはしょっちゅうそれを解かないとならない。そこで先生。「ONのときもロックしないで」。エッ?じゃぁどうやって犬に伝えれば良いのだろう?ロックボタンを押してちょっと首に指示を送るだけで伝えるんです。先生がなさると、出来るんです!

      フレキシを2個、左手に持ったままボタンをカチカチ+解放(OFF)のコマンドだけで犬をコントロール。犬も自由度が高くなりますし飼い主もラクです。難しいけれどまったく出来なさそう、というレベルでもない。挑戦する意欲が湧きます。

      仔犬のころからフレキシに慣れている(奔放な散歩ばかりしていました汗)ルーは、首に刺激のあるフリーの状態だと却ってテンションが上がるので、ワタシの真横かやや前で歩く状態になり自然と2頭を視界に入れることが出来るのでワタシの観察力もアップします。


      <グーのオビディエンス>伏臥を極端に強化したので弱くなっている立止。自主トレで伏臥とのバランスを気遣いながら立止も強化してみました。出来るかな??と思ったら=先読み。ワタシのコマンドを出すタイミングがパターン化しているんですね…また練習です。後ろ足で立つ意識はちょっと戻って来たようです。

      遠隔:停座から伏臥→反応は早くはありませんしまだ安心は出来ないのですが、一応、声符のみで。伏臥からの停座は、いつもダブルコマンドが癖になっているのですが今日は出来ました。

      八の字股くぐり:その場で出来る科目としてぜひ会得したい。最初の入りなど理解しているのか??まだまだ怪しいですが、今の段階では止まりそうになったら褒めるなり再度コマンドを出すなりしてテンションアゲアゲで練習すること。

      先生にお写真を撮っていただく3ビキ。

      先生のページの、お写真はコチラ→ 



      126
      JUGEMテーマ:ビーグル
       
      2019.05.31 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        PR
        Goo & Roo & Lulu
        Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM