<< 振り返り学ぶ | main | 5月29日の科目トレーニング<ご褒美の後は要注意のルー編> >>
2019.05.31 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.05.24 Tuesday

    5月24日のお散歩トレーニング<2頭引き@日産スタジアム>

    0
      土砂降りの雨の今朝。
      たくさんの犬がお散歩しに来るであろう屋根付き日産スタジアムで、母子のお散歩トレーニングをしていただきました。

      前回のパブリックトレーニングの反省をあれこれし…曖昧になっているであろう箇所を指摘いただきたく。

      ちょっと!
      いつまでそんなこと繰り返し先生に習わないと出来ないの???

      確かに。

      ワタシも先生に頼り過ぎているかもしれない。
      でも自分で考えて試行錯誤しても、犬も成長するし学習するし、特にグーなどは下半身中心に生きるタマ付き(お下品失礼)。避妊してない母ルーや老犬ビーも同居だし、環境も変化する。それらに沿うように、犬らを導いてやらないといけない。複雑で、難しいです(ワタシにとっては)。

      ウチの母子らはたぶん簡単な仔たちではないのだろうけど、ちゃんと導いてやれば普通には出来る仔になれると思い、未熟飼い主頑張っています。

      スタジアムの周回コースを、母子を左に付けて歩きます。母子ともにフレキシリードを着用。
      以前かるびちゃんや風花ちゃんとのお散歩トレーニングで、フレキシの常用による効果を教えていただいてから、普段もおおよそフレキシを使用しています。

      「半ノーリード」とも言えるフレキシリードを使って、犬に自由度を与えつつ自発的なコントロールが出来たら素晴らしいです。犬はある程度自由に動きながらも、飼い主を常に意識している状態。これが理想です。

      <「ゆっくり」と解除>
      「ゆっくり」(匂い取りをしないで歩く)、と「イイよ〜」(解除状態。匂い取りOK)のコマンドは良く理解している母子ですが、「ゆっくり」させていてもワタシの隙を突いて匂いを取ろうとしています。グーにおいてはリードを引かないまでもピーンと張ってギリギリの状態。

      「絶対にゆっくりをさせる」というワタシの強い意志と、分かりやすいオンオフが必要(もう何年も先生に言われている…)。まずはオイデで犬を呼び寄せ、フレキシをロック状態にしてチョークにテンションがかからない状態にする。これで犬に「何かコマンドが出るな」と意識させてから「ゆっくり」。

      <オートマチックシット>「ゆっくり」の状態のときワタシが止まったら自動的に犬は座る。これも、絶対にやらせる!意思が大切です。今までは動いてしまっても見て見ぬフリで曖昧でした。フリーのときはワタシが止まったら自動的に足元に戻ってくるようにしてみようと思います。

      <「マテ」と「オイデ」>これは最近頑張っているので出来るのですが完璧ではない。「マテ」はその場を動かない。ワタシが犬を追い越して先へ行っても動かない。立った状態から停座や伏臥になるのは可。追い越した場合は必ず犬の元へ戻って褒める。これも、面倒だからと省略してしまっていました…ごめんね。

      競技の停座及び招呼と区別するために普段は「オイデ」で呼び寄せています。周囲の環境に対してフレキシがちょっと延びすぎだと思ったら「オイデ」で側へ来させる、向こうから来た犬を気にして吠えそうだったら「オイデ」でこちらへ振り向かせる。どちらか一方を呼ぶときは名前を付け加えると片方だけが反応します。

      <排便>一方がしゃがんだら一方はフレキシを床に置く=停座。コマンドをかけなくてもフレキシを置くことで座ることを徹底。排便の処理が済んだらご褒美をあげるなど期待感を持たせるとより確実な動作となって身につく。ワタシが歩き出しても犬たちは「いいよ〜」と解除されるまでは動かない。置いたフレキシを自ら咥える「リード」コマンドも教えたいです。

      <すれ違い>10月には4歳になるグーにとって、物心ついて以来の課題「吠え」。空気を読んで、先生の前に出ると吠えないので、最近は先生に相談しながら試行錯誤していました。最近中心に取り組んでいたのは相手を無視する「リーブ」。しかしこれも、相手をちらちらと見てしまい、ワタシにアイコンタクトをしてくるのは相手が去ったあと。コマンドは理解しているくせに実行性が低い。すなわち、ワタシにリーダーシップが無いということ…

      最近の失敗したケースを先生にあれこれ報告し、いただいたアドバイス。
      ワタシ自身の悪い点
      ,匹Δ靴討睚眤が速くなったりゆっくりになったりし犬が来たことを自らグーに伝えてしまう。
      気持ちの平静を保てず、それもグーに伝わり隙を突かれる。
      A蠎蠅了瑤ぜ腓悗梁弍でますます余裕が無くなる。

      ワタシ自身が上記を修正したうえで、コマンドを複雑にあれこれ使うのではなく、レベルを戻してシンプルに対応する。
      .亜爾相手を見ても、興奮しても、吠えないで通過出来れば褒める。
      近づけて来る飼い主さんや狭い道路などでは「マテ」で静止させる。普通の飼い主さんであればその時点で近づけるとダメな相手であることを理解してくれるはず。そのまま吠えなければ褒める。
      K覆┐燭虧妓世妊船隋璽。

      吠えれば叱られ吠えなければ褒められる。
      すでにわかりきっているグーとワタシですがワタシが常に冷静な飼い主でいることと、対応をシンプルにすることでよりしっかりと身に付けたいです。

      最近悩んでいたことを先生にすっかりお話し出来て、やっぱりワタシがダメなんだということを再認識…ガックリとしましたが気持ちがすっきりし、迷っていたことがクリアになりました。一番苦手な普段のお散歩。逃げないで頑張ります。


      雨で濡れたコンクリートでもわりあい平気で座る母子。
      こういったところはやっぱり洋犬です。


      164
      JUGEMテーマ:ビーグル
       
      ビーグルグッズのお店 
      2019.05.31 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>
        PR
        Goo & Roo & Lulu
        Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM