ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 10月28日の科目トレーニング<意外とまぁまぁ…??グー編> | main | 11月1日の科目トレーニング<いざデビューへ!ルー編> >>
2017.12.09 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.10.30 Sunday

JKC神奈川ブロック訓練競技会

グー、6回目の訓練競技会に出陳しました。1回目は2010年3月のCD機塀蘚科5科目)、2回目からはCD供蔽翕科10科目)での挑戦です。

CD兇砲浪甬4回も出てるのに、一度しか95点以上の成績を出しておりません。競技会が迫るたびに悩まされてきたグーの不服従。今回は、ところどころでチャージ行動は見られましたが今のところ過去のような「何にもしない」状態には陥っていません。ワタシも意識して過度な練習はせず、緊張した自分を悟られないように過ごしました。

前日の昨日も、朝は普通に2頭引きでお散歩に行き、普通の自主トレ。出来なくってあれれ?という科目もありましたがまぁいいっかぁしょうがないっかぁ〜と短めに終了。ルーとも普通に練習しました。夕方は練習めいたことは一切やめ、普段のお散歩。ある意味ワタシも度胸がついたのか?

競技の順番は11番目。今までで一番早い順番です。いつもお昼近くか午後でしたので、嬉しい!

会場へ着いたらルーとは一切コンタクトさせず1頭づつ排泄に出し、ワタシへの執着をつけるため競技の1時間ちょっと前にクレートに入れたテント脇に放置しました。その後一切コンタクトせず、競技開始直前に先生に連れて来ていただいて、リンク入り口で久しぶりにグーとご対面。飛びつかせてテンションをあげ、「ヒール」コマンドを強めにかけ審査員の小林先生に申告。

<紐付き脚側行進>
まぁまぁ、といったところでしょうか。もっとワタシに集中してくれるかと思いましたが期待ほどではありませんでした。




科目終了時の脚側停座は、概ね安定していました。





<紐無し脚側行進>
往路の最後の直線で、離れるは鼻は下を向きそうになるわでヒヤヒヤでした。復路の速歩もコーナーごとに遅れがち。ワタシももうちょっと速度を緩めてやれば良かったと反省。





<招呼>正面停座時のワタシとの距離感がなかなか縮まらず股抜きで練習していた成果が出て、速度もあり良く出来ました(満点ではないと思うけど…)。



科目間で切り返しを試みるも、グーの意識は後方のギャラリーへ…まったくワタシに集中していません。悲しい。

<その場での伏臥>
よそ見していたんですよ。間合いを見ましたがアイコンタクトが戻らないのでありえない大声でコマンドしました。上体をかがめてグーに近づいたので体符をとられたかな?でも、「絶対やらせる」という強い意志がありました!




<その場での立止>
立ったままよそ見しています…




さて、「賭け」モードの行進中の作業です。テンションをあげるべく飛びつきを促しますがノリの悪いグー。表情は、ドンヨリ…

<行進中の伏臥>
またしても大声で「ヒール」コマンドしスタート、しっかり視符を出すと決めていました。やりましたよ…停座にも「スワレ」1声符で戻りました。




<行進中の停座>
「ヒール」で出ない。明らかに躊躇しているというか、やりたくないモード全開なのが分かりましたのでグーを振り返ると付いて来ました。きっと減点なんだろうけれど「ぜったいやらせる」と決めていたので、ワタシの意思が少し伝わったのでしょうか??いずれにしてもテンション低めの脚側でしたのでしっかり視符を出してやらせました。



ここまで規定7科目。残りの自由選択科目で不思議とテンションが少しアップするグー。あくまでも「少し」ですけれど…

<障害飛越(片道)>
飛びました。立止での待てが出来るか?不安でしたがなんとか成功。




<8の字股くぐり>
練習では嬉々としてやるこの科目ですが今日はテンション低め。速度もあまり出ません。途中鼻が下を向くしでヒヤヒヤ!!




<据座>
またよそ見している〜〜〜!





なんとかかんとか10科目を終えることが出来ました。いつもの練習の倍の声量でコマンドしたので、喉が枯れました…

審査員の小林先生の講評は
※招呼がとても良かったのに、行進中の作業では視符を出さないと出来ない仔なの?
→反発心が強い仔なので、やらないことがあるので視符を出しました。とお答えしました。
※伏臥の視符は大きかったけれど、停座の視符は最低限だった。
その後はグーが吠えたりして困っているので、競技をやっているとお話しし、「やらせることも大事ですから」と仰っていただきました。


結果は97.1点で、6席。T.ch.pointをいただくことが出来ました。嬉しいけれどなんだか複雑な気持ちです。今日のこのテンションで、1週間後にまた競技会。さすがのグーもまた同じことをやると分かるでしょう。ますますテンションダウンすると思うのですが…先生に調整方法と心構えをアドバイスしていただこうと思います。でも、全科目やったことは進歩です!



JUGEMテーマ:ビーグル
 
2017.12.09 Saturday

スポンサーサイト

コメント
見れば見るほどYukoさんとグーちゃん、すごい!

脚側行進のときなんて、じっとYukoさんを見つめているじゃないですか!
反発心なんてなんのそのですよ。
ちょっとよそ見したりしても、
やるべきことをちゃんとやってくれれば上出来です。

先日、NZのオビディエンスの全国大会を少し見学してきましたが、
特に座ったときなどによそ見している犬、結構いましたよ。

うちの問題児シナも、ちゃんとオビできるようにならないかな。
シナは、よそ見するだけでなく、ふらーっとわたしから離れて
いってしまうのです。要するに、まるでやる気がない。
わたしの気合いが足りないのかなぁ?

あ、話が逸れちゃったけど、ポイント獲得ほんとうにおめでとう!
シナママさん☆
選んでいる写真は、「良く出来たトコ」を抜粋してあるんですよ。
「出来てないトコ」を選ぼうかとも思ったのですがやっぱり良いほうを取っちゃいました…笑

動画がいただけたらアップしますので、きっと「「あらららら〜〜〜〜」なのがお分かりいただけるかと思います。

「ヒール」で出ない(停座したまんま)ということを多々経験していますので、「絶対絶対やらせる!」という意思だけはしっかり持っていました。

気合いは確かに必要だと思います。
特に、ビーグル相手だと…!
シナちゃんに対しても気合いで頑張って〜
アタシも気合いで頑張りまぁす☆
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR