<< ノーリードのヨークシャーテリアと「積極的無視」 | main | JKC埼玉ブロック訓練競技会<グーCD供 >>
2019.05.31 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.12.21 Friday

    GCT(グッド・シチズンテスト)レッスン<グー4回目>

    0
      11月30日に3回目のレッスンを受け、今回4回目のレッスンとなりました。
      3回目のレッスンのときは、第3者との接触と、ハンドラーチェンジが主なテーマで、グーは先生と生徒さんの一人に「吠えろ」のコマンドを出していただいて吠えられるか?挑戦してみました。声は小さいながらも吠えられ、ご褒美もしっかりゲット出来ていました。

      ハンドラーチェンジは、グーをハンドリングしてくださった女性がとても知識経験豊富な方で、グーも私のほうをちらちらと意識はするものの、いつもより良い仔にその女性に集中。グーに対しては堂々と対応することが大事なんだと、改めて気付かされました。

      --------------------------------
      さて4回目のレッスン。
      実はこの日の1週間前くらいから、グーの他の犬に対する吠えが再発。
      いつも余裕で我慢出来ている仔に吠え、なんと飛び掛かって行きそうになり「?????」状態になるとともに「またか…」

      今までにも再発は何度かありましたので驚きはしませんでしたが、ココ1年くらいは落ち着いていたので私は意気消沈。そのことをGCTの先生に事前に報告しておきました。

      実際のレッスンではGCT試験の流れを犬と一緒に一通りおさらいし、その後教えていただいたのは「クリッカー」と「Tタッチ」でした。

      今までのグーと私の訓練のスタイルは正しくない行動をチェック(方法は様々。チョーキングや言葉によるイエローカード、無視など)し正しい行動を褒める。クリッカーを使った経験はゼロです。実際の使い方を教わる前に犬の行動学とクリッカーの役割を座学にて。

      正しい行動をした「瞬間」を捉え鳴らすことが大前提のクリッカー。グーの場合は他の犬が来たらワタシとアイコンタクトし相手のほうを見ない行動を強化したいので、グーの視線が向いた瞬間を捉えます。これが、難しい。しかしこのレッスンの時間内でも、アイコンタクト→クリッカー→ご褒美 という流れはすっかり覚えてしまいました。犬にとって分かり易く、記号化された音なので言葉での褒めよりもブレがないことは、私も体得出来ました。

      「負の要素(叱ること)を与えないトレーニング」
      これで犬の問題行動が直るのならばもちろん歓迎ですが、未去勢牡のグーの成長過程を振り返ると、これだけでは無理、と私の心理的には結論は出ていたわけです。ホルモンが支配している部分は…褒めるだけでは直せない、と…しかし、この方法を拒否する理由もありませんから、継続してみようと思います。

      クリッカー、315円でした。


      そして皮膚に非日常的な刺激を与えることで、神経に働きかけるという、Tタッチ。
      基本的なやり方を教えていただき、時間が足りないのでこのご本を貸していただきました。



      読みながら自宅で早速ルーとグーに試してみましたら…





      気持ち良さそうにお腹を見せてひっくり返りました。初めてなのに、ビックリ。

      他の犬への意識が強く、ルーと狭い場所で身体が触れたり、待機が長くなるなどすると唸ったりルーを噛んだりすることがあるグー。

      だから躾や訓練を頑張っているわけですが、こんな方法で精神を安定させるというアプローチも、拒否する理由はありません。続けてみましょう。

      私は完全に西洋医学を頼るタイプ。
      漢方やバッチフラワーレメディ、Tタッチなど、見聞きしてはいても実践してみようなどど思ったことは無かったのですが喰わず嫌いはダメですよね。

      クリッカーも、「モノに頼る」感覚が苦手なので使ったことがありませんでしたが、自分自身が意識改革に取り組んでみようと思います。

      JUGEMテーマ:ビーグル
      2019.05.31 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>
        PR
        Goo & Roo & Lulu
        Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM