<< 何度目かの、初歩から。「グーの行進中の作業」 | main | グーの正面停座 >>
2014.06.23 Monday

最近のお散歩

0
    競技の成果が不発だった今シーズン。
    夏は、毎年弱点の修正トレーニングに励みます。
    競技科目の弱点トレーニングをすることはもちろんなのですが、普段の生活を細かく見直すことがそれ以上に有効だということはここ2、3年で飼い主が学習しました。
    家の中の生活のルール=お散歩のルール=競技も、ルール。
    こうしなさい、こうしなきゃいけないんだよ、そうすれば快適だし褒められるんだよ。
    生活も、競技も基本は一緒。

    冷静に普段の生活をあぶりだしてみると…わたしが犬の要求やサインに反応して迎合してることが、何と多いことか。でもこれ「無意識」なんですよ…と、訓練士さんが教えてくださいました。教えていただかないと、気付けないほど無意識なのです。

    さてそこでーお散歩です。
    わたしがお散歩で使うのは賛否両論あるフレキシリードです。
    グーはハーフチョーク、ルーはマーチンゲールタイプのハーネスでGO!
    コマンドは3つだけです。

    ゆっくり=フレキシリードはロック(普通のリードと同じ状態)、匂い嗅ぎ、引っ張りは禁止。わたしの左側を歩く。


    ヒール=フレキシリードはロック。競技の脚側行進と同じコマンドです。2頭引きでも最大限わたしのそばに来て、ヘッドアップして歩く。狭い人混みを通過するときなど。


    OK~~~!=フレキシリードはフリー。開放です。匂い嗅ぎ、マーキング、OK

    フレキシリードのロックとフリーのカチッカチッで、犬の首や背中に伝わるテンションが大きく変化するので、より分かりやすく伝わります。
    最近ではコマンドしなくともカチッカチッだけで理解出来るようになりつつあります。

    ビーグルの特性でもあり、競技における壁。匂い嗅ぎの習慣を、出来るだけ消去し、匂い嗅ぎ=報酬として利用します。


    コマンドは出来るだけ少なく、もちろん犬に話しかけたりつぶやいたりしません。サイレントな状態をデフォルト化することで、お散歩や家の中でもわたしへの注目度アップ。競技や、いざというときのマテ!などのコマンドをより強化します。

    と、地味ぃ〜なトレーニングをコツコツの、夏であります。


    立って待て。


    JUGEMテーマ:ビーグル
     
    2020.01.16 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      PR
      Goo & Roo & Lulu
      Goo Beagle♂ 2007年10月12日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Roo Beagle♀(Gooの母) 2004年2月9日生まれ JKC Grand Trainning Chanpion(CD3) Lulu Beagle♀(ラウレア犬舎出身) 2017年8月12日生まれ
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM