ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 8歳のアジリティー | main | 遠かった夢 >>
2016.06.24 Friday

犬が教えてくれること

週に一度の服従のレッスン。
秋の訓練競技会までは時間があるし、暑い時期でもあるので犬を動かすのはワンポイントで、レクチャーの時間が長くなったりと変則的なレッスンです。
 
先生に、「最近どうですか?」とまず聞かれて…
山ほどある悩みや困ったことを相談するのが常でした。
でもね、ここんとこ、「絶好調」だったんです。
服従の自主練も、普段のお散歩も、こないだ行って来たアジリティーのレッスンも。
自主練はしっかりと頑張り、近所のお散歩はルーと2頭引きで穏やかに楽しみ、アジリティーでも、走り回る他の仔を気にする頻度は激減。しっかりとわたしに集中出来るようになって来ました。
 
でもね、今まで、良い仔になって来たなぁ〜と思っていると
(そう思うことでわたしの気が緩んだりしていたのだと思うけど)
思わぬ場面(他人と一緒のときなど…)に元通りになってしまい、ひどく落ち込むというスパイラル。
 
なんでもしっかり頑張り、穏やかに過ごすことも出来ているグーに「ホントに???」とやや疑いの気持ちを拭いきれないわたし。
そこで今日は先生にいろいろなトラップを仕掛けていただき、服従訓練&わたしとの遊びの様子を見ていただきました。

 
そしたら、「すごく良いですよ」って。
グーは誘惑にも負けずに、一生懸命わたしを見て、訓練もそして遊びも楽し気にやってくれました。
遊ぶときも、ストレートに気持ちをわたしに向かわせるグー。
真剣に遊ぶことを覚えたのは、お互いここ1年。
ああ、信じてあげて良いんだなぁと思った。
もともと持っている性質がすっかり変わったというわけでは決してない。
出来ることはやってもらうし、頑張っても出来ないことは、やらせないか回避するか環境を変えるか。
最近ではグーが自主的に行動を選択することも出来るようになって来ました。
それを見守ることが出来るようになったのは、わたし自身の成長かもしれません。
服従訓練に取り組んだことはとても有益だったと思うけれど、わたしは、近所のお散歩を穏やかに楽しむことが出来る、家庭犬としての資質を大事にしたいと常々思っています。
訓練という環境を一生を通じて保障してあげる約束は出来ないけれど、自宅の周りのお散歩は、おそらく、生涯保障してあげられると思うから。
 
長年躾や訓練に取り組んで来て、やっと分かったこんなカンタンそうな(カンタンではないと思うけど)こと。
今までいかに出来ることをやらないでも良しとして、出来ないことを強制していたのか。
 
明るい表情で日々を過ごすグーが、今やっていることが(今までに比べて)間違っていないよ、って教えてくれています。
もっともっと良い方法があるのかもしれない。
飼い主がわたしじゃなくて他の人だったらもっともっと楽しく過ごせるのかもしれないけれど、「間違ってはいない」よね。
これからもいろいろ教えておくれ。

JUGEMテーマ:ビーグル

2017.10.23 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR