ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< JKC2016秋季訓練競技大会<グーCD2> | main | ST連合会東日本訓練競技会 >>
2016.12.14 Wednesday

ドキドキの玄関先

他犬が苦手なグー。
若犬の頃の過剰反応と激しい吠え。
その修正にはいろんな方法でもってトライしました。
今思えば大間違いだよね?!ってことも、信じて続けたり。
今でも他犬は気になる。
犬に関心持っている間は待ち、視線を戻したら褒める、を繰り返しています。
ここ1年くらいは、犬を認めると自ら進む方向を変えたり、目前の地面の匂いを嗅いだりして回避する選択が出来るようになりました。もちろんおお褒めします。

 

ある日の夕方のお散歩。
母ルーとの2頭引きで近所をお散歩し、日も暮れかかった頃自宅前に帰って来ました。
玄関先で2頭を待たせて排泄物の処理をするのですが、この、玄関先で犬がヒマな状態というのが、グーとわたしにとって最も難しい時間なのです。
テリトリーであり母犬も同じ空間に居て、薄暗く飼い主の監視も十分でない。
そこへ他犬が通りかかるとまずギャン吠え→突進 となります。
(家の中へまず犬を入れてしまえば良いのでは?とも思いますが、2頭玄関内に入れると、外の犬の気配に興奮したグーが母ルーに転嫁行動する場合もあるのです)

 

この日はなんと、ご近所で一番苦手なチョコラブが〜〜登場!
グーと視線が合いました。
うわっ!!ヤバっ!!!
と思ったら…
グー、自らチョコラブから視線を外し、すぅ〜〜〜っと自然に、わたしに視線を戻したのです。
その瞳はギラギラしておらず、ごく平常心だということを物語っていました。
足早に通り過ぎる興奮状態のチョコラブさんを振り返ることなく、「無視したよ〜オヤツちょうだい」とわたしを見上げています。

 

 

 

すごいねえ〜〜!とおお褒めしておやつ大サービス!
その間ルーといえば、他犬を認めると速攻わたしの足元に来て見上げ、「犬来ましたけど無視してますヨ♪」とアピールします。
オヤツ狙いですが、それで良いと思っています。
もちろん、ルーも褒めオヤツ♪
グーはもう9歳、ルーは12歳だけれど、諦めないで続けて、模索して迷って、でも続けていたことが実を結んでいる。
飼い主、もう、近所のお散歩嫌じゃないよ。
シニアになってますます、1回1回のお散歩が大事な時間になって来た今、2頭とひとり、穏やかにお散歩出来てほんとうに幸せです。
2頭に感謝です。
ありがとう。
楽しいお散歩を1回1回積み上げてすっごく楽しい毎日にしよう。

JUGEMテーマ:ビーグル

2017.03.31 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR