ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ST連合会東日本訓練競技会 | main | FCI東日本インターナショナルトライアル >>
2016.12.28 Wednesday

ルーの競技会デビュー

2011年、ルー7歳のときの競技会デビューは無謀にも秋の本部展でした。
デビューで7席。
その頃ポイントさえ獲れず苦労していた息子グーのストレスを解消してくれる、ルーとの競技でした。
しかし今見返せば、まったくもってオヤツへの期待感だけでの作業、競技会本番だということはもちろん意識下にありません。
当然このあと、グー同様本番のみ手抜きをする、という過程をたどります。
弾丸招呼。
可愛いなぁ〜〜
 

 

さてビデオです。
編集されています。
肝心と思われる科目間がきれいにカットされていて、科目名がキャプションとして入れられ全体が短くなっています。
…これじゃ
出来なかったところを反省点として練習に活かすのは難しいですよね。
…しかも
このビデオを入手できたのは競技会から2週間、いや1か月近く経ってからでした。催促しないと観られないこともありました。
わたしの手元には、2頭との競技のビデオは全ては揃っていないのです。
催促するのもはばかられるような雰囲気さえあって、それじゃー上達は難しいですね。
もちろん競技会に出陳するためのフィーはそれなりにお支払いした上でのことです。
当時のわたしは、そんなことは不思議に思わず、それでも一生懸命になって毎日2頭と自主練しておりました。

今は、競技会ではお仲間同士協力しあってビデオ撮影し、競技会のお昼休みにはそれを観て反省会。次のレッスンにはすぐさま修正が入ります。
犬の時間は短いのです。
なんでも急げば良い、というわけでは当然ありませんが、やはりクイックで的確なフィードバックは、競技をやる以上とても重要であると感じます。

JUGEMテーマ:ビーグル

2017.05.21 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR